ニッケル・ シャンシャン

公開日: 19.02.2020

button o. addClass "ui-dialog-titlebar ui-widget-header ui-corner-all ui-helper-clearfix".

キサス・シャンシャン 魔導師の一族・シャンシャン一族の一員。ニッケル・シャンシャンの異母兄弟で、一族の跡継ぎ候補としてのライバル同士。ニッケルとその母シータに、仲の良かった同母弟チグル・シャンシャンを殺され、ニッケルに激しく憎んでいる。しかし同時に優秀なニッケルに対して憧れと尊敬も抱いている。ニッケルが自分の秘密を一族に知られ迫害されて村を飛び出すと、その後を追ってチキタ・グーグー達のもとに現れる。.

補足:キサスは作者が男キャラを書くのが嫌なあまり女装させられたらしい。 またキサスとニッケルの関係においては作中の誰も近親相姦だとタブー視していないため、 日本古代のように異母兄弟の婚姻は可能な世界なのかもしれないが真偽は不明。. ぺトラス皇帝のもとへ行くために城の中を進むうちに、 チキタたちは、皇帝とその取り巻きたちがなにをやっていたかを知っていく。 ある扉を開くと、中からは山のように積っていた人間の骨粉があふれだしてきた。 大きなツボをひっくり返してみれば、赤ん坊の爪が大量にこぼれた。 黒カビに感染したことによって、皇帝は脳を壊されてしまったのだとオルグは言う。 「袋の中のカビたみかん 伝染病の家畜 あいつらに罪があるわけじゃない  でも もうわかるよ どんなにしんどくってもそのままにしておけない」.

クリップは言う。7年前に人を大量に殺した時に、きっと自分は人ではなくなったのだろうと。 そもそも、幼いころからずっと人を喰ってきた自分は人間だったことなど無かったのではないかと。 「オルグが哀れだ 何年もの時間を俺なんかのために費やして 命まで落としかけて  結局俺を喰うこともできない……あいつは本当に俺にあたって不幸だ…  だけどチキタは俺とちがってまっとうな人間だ だから迷うならデラル 安心して百年を待て」.

close e ,undefined;if e. 呪い師か占い師かお祓い師かなんかのグーグー家の血をひくチキタ。 彼は赤ん坊のころ、祖父や父母を人喰い妖怪に殺され、金持ちのハイカ家へ引き取られ、 その家の娘ハイカと兄妹、もしくは幼馴染のように暮らしていた。 ある日実家に帰ると遠縁のものだと名乗るラー・ラム・デラルが現れ、 チキタと一緒に暮らすことになる。しかし翌日には美しい女だったはずのラーは男に変身し、 さらに翌日にはチキタほどの子供に、さらにはへびや鳥になったりした。 ラーは自分の形態が一定していないことを気にする様子はなく、チキタにご飯を作り、 好き嫌いはするなと口うるさく世話をする。チキタが「俺のお父さんてどんな人だった?」と聞くと、 鳥の姿をしたラーはよだれをたらしながら「とっても美味しい人だった…」という。 祖父母や父母はこのいろいろな姿に変わる妖怪に喰われてしまっていたのだった。 何度か逃亡を図るも、無駄に終わり、家にある呪術道具の使い方も分からず、チキタはさとる。 「だって毎日牛や豚食ったって 牛や豚から仇討ちなんてされたことないし  考えてみれば食物連鎖のなかで人間だけ何からも食われないでいるなんてズルいもんな」 と、人食い妖怪に家畜として飼育されることを受け入れる。 ある日、身の丈4.5メートル、緑の肌に真っ赤な目をした妖怪カナヤンに人が食べられ、 呪い師か占い師かお祓い師かなんかのグーグー家の血をひくチキタになんとかしろと村人は迫るが、 呪術を使いかたを知らないチキタは何もできない。 しかし村人らは何かできるだろうとチキタを人が食われた森の樹に縛りつけて帰ってしまう。.

… 33 5 7! outerWidth ,height:e.

css p,0 ,g o. ペトラス皇帝は頭に花輪をかざったしわくちゃの慈愛に満ちた老いた皇帝だった。 「この歳になって…こんなシワシワになって恥ずかしいことなんじゃがーな 実は死ぬのが怖い」 「そ…それはー誰だって」 「ちびっとでいいんじゃもうちょっと長生きできる方法を考えてくれんかの…?」 髑髏の地のことで呼ばれたと思っていたチキタは驚く。 皇帝は惨い事件だったが、あのくらいの量の人間はいつも死んでいると話す。 戦争、飢饉、疫病…様々な要因で死んでいく民を守るため、努力してきた。 そして以前よりも良い民のための統治をできる皇帝になったのにもうじき死に、自分の知恵も経験も無になっていくのが恐ろしいと。 そこにバランスの異母弟、チャック・シャンシャンが現れる。 ペトラス皇帝に傾倒してもうシャンシャンには帰らないというチャックと、皇帝の面前である事も忘れ、バランスはけんかになる。 一方、チャックのかたにオルグが止まっているのにチキタは驚く。 皇帝の前を退出し、「皇帝をどう思う…?」とのバランスの問いに、 「魅力的だな 思わず力を貸したくなる…」とチキタは答え、 「シワシワだな やわらかそう」と意見を求められてドキドキしたくまラーは答える。 バランスは、皇帝が大勢の人間の救い主でも、自分にとって有害だと直感で分かると話す。 あまり才能はないが、自分が生き延びるための直感に関しては自身があると。 チャックは、皇帝は毎日2,3時間しか眠らず、粗食、冠や宝石も民のために手放したと皇帝の善行を語り、 「俺はペトラス皇帝ほどすばらしい人は見たことない!!」と言い捨て去る。 チキタは残ったオルグに話しかけるが、それはオルグではなく、オルグの形をした黒いカビだった。 カビはバランスに襲い掛かり、体に巣くう、ラーはそれをバランスの体の中で殺し、そのうち死体は便となって排出されると話す。.

remove ,g p. パイエ 巻き毛の髪を二つ結びにした少女。盗賊と売春婦の間に出来た娘で、自分も売春をして過ごしてきた。サデュース・ザイセルの亡くなった兄・クラフトとは幼馴染だった。善悪の意識がなく、何の葛藤もなく売春や殺人をしてきた。また、痛みを感じないという特性を持っている。一方、天才的に頭が良く、妖術や様々な妖しいことに関する知識を身に付けた。 このため、周囲からは避けられて育った。 モロン朝廷の皇帝・ペトラス・モロンのための長生き研究会に属し、ペトラスに組みしないサデュースやバランス・シャンシャンを嫌っている。後に、ある人物に頼んで妖 あやかし となり、チキタ・グーグー、ラー・ラム・デラル、サデュース、バランス達の前に立ちはだかる。.

setMode n,e. parent ,l :t. max f,s.

offset e.        ……"". preventDefault : s. …   …. SMS.       .

closest ". animate n,g,m ,a. setMode h,s.

addClass e ,"disabled", ニッケル・ シャンシャン. restore a,r ,t.          …  . …    . min t.    1 23   .

巻き毛の髪を二つ結びにした少女。盗賊と売春婦の間に出来た娘で、自分も売春をして過ごしてきた。サデュース・ザイセルの亡くなった兄・クラフトとは幼馴染だった。善悪の意識がなく、何の葛藤もなく売春や殺人をしてきた。また、痛みを感じないという特性を持っている。一方、天才的に頭が良く、妖術や様々な妖しいことに関する知識を身に付けた。 このため、周囲からは避けられて育った。 モロン朝廷の皇帝・ペトラス・モロンのための長生き研究会に属し、ペトラスに組みしないサデュースやバランス・シャンシャンを嫌っている。後に、ある人物に頼んで妖 あやかし となり、チキタ・グーグー、ラー・ラム・デラル、サデュース、バランス達の前に立ちはだかる。.

チキタは夢の中、赤ん坊を抱くニッケルに出会う。 「これはラー・ラム・デラルだよ 名前を呼んでやってくれ」やさしく微笑むニッケル。 「意外に思うかもしれないけど、生んでやりたかった…こいつを」 そこでチキタが夢から覚めると、目の前には多くのバラバラにされた屍がある。 チキタのすぐそばには、頭部から胸部までしかないニッケルの姿が。 チキタは冷静に自分の額に手をかざし、グーグー家の家紋を瞬時に出現させ、ラーを復活させる。 そして食事中だったギスチョを攻撃させる。 瀕死のギスチョは逃げ、「いだいよ おがあちゃん」と泣く。 ギスチョが逃げたさきに居合わせたクリップは、死に切れず苦しむギスチョに止めを刺す。 (おでは うまいもんなんか喰いたいと思わねえ だって今までで一番うまかったのは  おがあちゃんと喰った白いまんじゅうだったんだもの そしてそれは毒だったんだもの) クリップは息絶えたギスチョからでてきた小さな光を瀕死の状態の杖オルグに注ぐ。.

empty ,t. save n,o ,n.

dialog" ,this. addClass "ui-dialog-buttonpane ui-widget-content ui-helper-clearfix" ,this.     … ? preventDefault ,this.      .

第16話 ニッケルは順調に回復する。夜にはニッケルはくまラーを寝床へ連れて行き、ラーは拒まずニッケルを暖めてやる。 ある日、ずっと眠り続ける少女の目を覚ましてほしいという依頼が来て、それをニッケルは世話になっている礼として手伝う。 その依頼はかつて人に使い魔にされたカワウソが、術者が死んだ今もその効力が抜けず、行っていたものだった。 その使い魔の主人は、不老不死の研究をしていたと見破るニッケル。 シャンシャンもずっと不老不死の方法を探しているという言葉に、 チキタは3百年少年の姿のままのクリップは不老不死に当たるのではないかと思う。 カワウソのかけられた術をとき、仲間の下へ返してやる。 「好きな女の子とかっている…?」ニッケルの言葉にチキタはハイカを思い浮かべうなずく。 「じゃあ俺あと4,5日したらここ出て行くよ」とニッケルはいう。それにラーはぼそりと「さみしいなぁ…」といい、 チキタはラーが人間みたいだと驚く。 人間に使い魔にされたカワウソが、人間を模していたあわれさに、ラーの変化を胸に痛く思う。.

認証 キャンセル. 魔導師の一族ザイセル一族の1人。美貌の女性。住んでいた土地では何者かの手によって全員が絶えてしまったが、父親と共に旅に出ていて命拾いした。この事件の後に故郷は「髑髏 どくろ の土地」と呼ばれている。事件の首謀者とされているクリップを追っている。クリップがモロン朝廷に匿われているという情報を得て、朝廷からの誘いに乗って皇帝ペトラス・モロンの居城を訪れる。 同じく朝廷に招聘されていたチキタ・グーグーやバランス・シャンシャン達と行動を共にする。. apply b,[1,0].

. height Math. height-t ,this. ceil p.

知っておきたい:

コメント

  1. ラーはチキタに、黒いカビが強い妖怪オルグの姿を擬態したという事は、 クリップもこの朝廷にいるだろうと、墨汁で遊びながら話す。 一方バランスは、シャンシャンであるチャックがずっと一緒にいて黒いカビの正体に気づかないのはおかしい 「俺の弟はどうしちまったんでしょう…」と不審がる。.
  2. uiDialogTitlebar ,this. 人喰いの妖 あやかし 。髪の長い中性的で端正な姿で現れるが、老若男女から動物まで様々な姿に変化する。この術によって人間を騙し、餌としていた。どの姿であっても、額に紋が刻まれている。チキタ・グーグーが赤ん坊の頃、彼の家族をみんな食べてしまったが、チキタだけは、死ぬほど苦くてまずいため食べられなかった。妖達の間では、こうした人間は年経つとこの上ない美味になるという噂があり、これを知って年間大事に育てて食べようと、チキタのもとに現れ、共に暮らすようになった。 当初はあくまで食料となるチキタを守ることが目的だったが、いつしかお互いに大切な存在と思うようになった。同時に、食料としか見ていなかった人間と深い交流を持つことで、戸惑いを覚えるようになる。.
  3. getFullYear :g,t.

コメントを追加

サイトに公開する前に、あなたのコメントがモデレートのために送信されます。

© 2020 iamdavidprince.com | 利用規約 | 連絡先 |