変身 カフカ あらすじ

公開日: 23.02.2020

そういった意味で、 ブロートがカフカ文学についての本格的な最初の研究者である とも言ってよく、彼の研究を押さえておくことがカフカを語るうえでは欠かせないです。. 戦前はナチスの文化政策の影響によってカフカの作品が読まれることがあまりなかった しかし戦後、カミュやサルトルなど、フランスの実存主義者が「不条理」という概念を用いて論じ、それ以来、世界的にカフカの文学が流行するようになった.

しかし、 実際は『変身』の読み方には定まったものがなく、あらゆる解釈に開かれたまま になっています。そのため、もちろん読者は自由に読んで良いのです。言い換えれば啞、それだけ様々な読み方を可能にさせるのが『変身』の魅力であるでしょう。. 教養 文化. 変身・断食芸人 岩波文庫. さてフランツ・カフカの『変身』は、 人物が人間以外の生物に、謎の力で変身するというおとぎ話のようなシチュエーションを持ちながら、その描き方は徹底したリアリズムです。 この物語はさまざまな象徴や暗喩に満ちあふれていますが、同時に謎を解釈する楽しみもあります。この章では、読んでいるさなかあまり気づかない、『変身』の2大ツッコミポイントをご紹介。. フランツ・カフカ 年. ひと月経っても、その林檎は背中にめり込んだままでした。グレーゴルはその傷のせいで自由に動くことができなくなってしまいました。家族はグレーゴルの存在をただ耐え忍ぶようになりました。母親とグレーテは服飾品を売りました。もう少し手狭な家に引っ越す必要がありましたが、自分たちが不幸に見舞われているという理由により、引っ越しには踏み込むことはできませんでした。妹は次第にグレーゴルの部屋の掃除をぞんざいに行うようになり、部屋は汚物でいっぱいになりました。  新しい骨太の手伝い女の婆さんは、グレーゴルのことを全く怖がらず、からかうような様子すらみせました。家の中の一部屋には三人の下宿人が入り、そのために締め出された荷物を手伝い女が持ってきて、グレーゴルの部屋をどんどんと汚していきました。  グレーゴルは、家の者たちが食べる音を聞き、歯がなければ食べれないものを食べるのは嫌だと考えるようになり、ほとんど何も食べなくなりました。.

1…… 1. 411. 81440 20.      . …… 2 1 2 .

日が暮れる頃に目を覚ますと、ドアのところに白パンの浮いている牛乳が入った鉢が置かれていました。グレーゴルはそれを喜んで飲みましたが、好物だった牛乳を少しも美味しいと思えませんでした。  グレーゴルは寝椅子の下に入り込み、下手に騒がず家の者たちを不快にさせないようにしようと決めました。. カフカの死後、彼の文才を見込んでいたマックス・ブロートは、「死んだら焼き捨ててくれ」という親友の遺言を破りました。 フランツ・カフカの遺稿を世に発表したのです。それまでは『変身』など数冊の著作が知られるだけだったカフカは、一躍再評価・再発見をされました。 20世紀を代表する実存主義作家と言われています。. 朝早く部屋に入ってきた手伝い女が、グレーゴルが死んでいるのを見つけました。  痩せて干からびたグレーゴルの体を見て、家族は神に感謝しました。三人の下宿人が朝食をとりに部屋から出てくると、妻と娘に支えられた父親は、彼ら三人に立ち退きを要求しました。  三人はその日を休息と散策に当てることを決めました。手伝い女がグレーゴルの死体を片付けたと報告すると、母とグレーテは再び心をかき乱され、抱き合いました。父親は手伝い女にも暇を出すことにしました。  三人は電車に乗って郊外へ出ました。新しい家に住み始める計画について話し合ううちに、生き生きとしていく娘を見て、両親は彼女が美しい女に成長していたことに気づき、結婚相手を探してやらなければならないと考えました。グレーテは両親にとって新しい夢のように映りました。.

グレゴールを待ち受けている運命は?そして家族はどんな決断を下すのでしょうか。 不条理で理不尽な「変身」に唐突に襲われた彼らの心はどのように変化していくのか……どこか浮ついた不安な感覚が終始漂い、なぜかユーモアを感じることもできる、20世紀文学の傑作です。. Related Posts. しかし多くの場合、カフカの著作を遺言に背いて発表したことなどといったブロートの功績は認められながらも、 ユダヤ性を強調するブロートのカフカ文学に対する見解には批判的な見方 が提出されています。. ビューティー マナー ライフスタイル 教養 運営者情報. 自分が出社していないことに気づいた支配人が訪ねてきたため、グレーゴルは力をふり絞って寝台から転げ落ちました。両親と支配人が扉の外へやってきましたが、グレーゴルは鍵を開けることができませんでした。訪ねて  支配人は、扉を開けようとしないグレーゴルに、首が飛ぶかもしれないと警告を与えました。グレーゴルは、気分が悪かったと偽って、八時の汽車で出社することを部屋の中から伝えようとしました。しかし支配人も両親も彼が何を言っているのか聞き取れず、母は妹に医者を呼ばせ、父は女中に錠前屋を呼びにやらせました。  両親と支配人は茶の間で何やら相談をしているようでした。グレーゴルは口から褐色の液体を吐き出しながら、顎を使って鍵を回しました。全身の力を振り絞ってようやく鍵を開けると、支配人と両親は彼の姿を見て言葉を失いました。グレーゴルはすぐに出社すると伝えようとしましたが、支配人はその言葉を理解することなく、逃げ帰ってしまいました。母親は大声をあげ、父親の腕の中に倒れ込みました。  父親は、グレーゴルを元の部屋に追い立てました。グレーゴルは必死の思いで方向転換をして部屋の中に戻ろうとしましたが、胴体の片側がドアに挟まれて持ち上がり、身動きが取れなくなりました。父親がその身体を一押しし、グレーゴルは血だらけになりながら部屋の奥へと入りました。その途端、ドアは外側から閉められてしまいました。.

加えて、ブロートはカフカについての伝記や論文なども書いています (たとえば、『フランツ・カフカ』みすず書房、年)。.

  • ラスト近くで筆者は毎回涙してしまいます。ザムザ!りんご! しかし作者のフランツ・カフカはこの『変身』を「コメディ」として書いたそうです。 あまりにも悲惨で凄惨な姿、悲しみや苦痛が描かれたこの作品。何をどうやったら笑いながら読めるというのでしょうか?. あきこのむ 文学少女進化系アラサー女子。古典文学の時代背景を調べていたら、歴史にも萌えるようになりました。史跡や寺社仏閣、美術に文学が大好物。夢は夏のロシア・サンクトペテルブルクでドストエフスキー「罪と罰」ごっこすること。みなさまと一緒に人の世の浪漫を追っていければと思います。.
  • マックス・ブロートに関して マックス・ブロートはカフカの大学時代の友人であり、独文学者である ブロートは、ある有名なカフカの遺言に背き、カフカの遺稿を整理し、カフカの作品を次々と発表していった カフカは遺言でこれまで自分が生前に発表した作品を除き手元にある原稿は破棄するように言っていた しかし、カフカ文学の価値にいち早く気付いていたブロートは、カフカの遺言に半ば反するような形で作品を世に出した.

1 2 2 3 3. 81440. Sponsored Link.

教養 文化. 加えて、ブロートはカフカについての伝記や論文なども書いています (たとえば、『フランツ・カフカ』みすず書房、年)。. 朝早く部屋に入ってきた手伝い女が、グレーゴルが死んでいるのを見つけました。  痩せて干からびたグレーゴルの体を見て、家族は神に感謝しました。三人の下宿人が朝食をとりに部屋から出てくると、妻と娘に支えられた父親は、彼ら三人に立ち退きを要求しました。  三人はその日を休息と散策に当てることを決めました。手伝い女がグレーゴルの死体を片付けたと報告すると、母とグレーテは再び心をかき乱され、抱き合いました。父親は手伝い女にも暇を出すことにしました。  三人は電車に乗って郊外へ出ました。新しい家に住み始める計画について話し合ううちに、生き生きとしていく娘を見て、両親は彼女が美しい女に成長していたことに気づき、結婚相手を探してやらなければならないと考えました。グレーテは両親にとって新しい夢のように映りました。. 日が暮れる頃に目を覚ますと、ドアのところに白パンの浮いている牛乳が入った鉢が置かれていました。グレーゴルはそれを喜んで飲みましたが、好物だった牛乳を少しも美味しいと思えませんでした。  グレーゴルは寝椅子の下に入り込み、下手に騒がず家の者たちを不快にさせないようにしようと決めました。.

; The Metamorphosis, ; Die Verwandlung 20.

しかし多くの場合、カフカの著作を遺言に背いて発表したことなどといったブロートの功績は認められながらも、 ユダヤ性を強調するブロートのカフカ文学に対する見解には批判的な見方 が提出されています。. あっ、虫になってる!朝起きたら自分の体が人間以外のものに変身していたら、当たり前ですがパニックになりますね。しかし物語では、ただただ、家族もグレゴール自身も「グレゴール・ザムザが虫になったことに動転」しますが、 なぜ毒虫となったこと自体に対しては、原因究明や対策はされません。. ある朝、外交販売員のグレーゴル・ザムザは、自分が巨大な虫に変わっているのを発見しました。  時刻は六時半でした。五時に起きて仕事に行かなければならなかったグレーゴルは、このまま出勤しても社長に怒られるだろうと考えました。母親が部屋をノックし、グレーゴルは返事をしようとしましたが、自分がいつもの声を出せなくなっていることに気がつきました。  グレーゴルは部屋に鍵をかけていたため、家族にその姿を見られることはありませんでした。ともかく服を着て、朝食を食べようと考えましたが、身体の自由が聞かず、起き上がることすらできませんでした。会社から人がやってくる前に寝床を出なければならないと思ったグレーゴルは、体を揺すりながら寝台を降りようと考えました。.

変身・断食芸人 岩波文庫. Sponsored Link.

  • 教養 文化.
  • 変身・断食芸人 岩波文庫.
  • ブロート的な立場にたてば、 『変身』においても、ヨーロッパにおけるユダヤ人問題が反映されているという解釈が出てきます。 たとえば、毒虫に変身したグレゴールをユダヤ人とし、それを排斥する周りの人々(ヨーロッパ人、ナチス)というような構図を容易に思い浮かべることができるでしょう。.
  • カフカの死後、彼の文才を見込んでいたマックス・ブロートは、「死んだら焼き捨ててくれ」という親友の遺言を破りました。 フランツ・カフカの遺稿を世に発表したのです。それまでは『変身』など数冊の著作が知られるだけだったカフカは、一躍再評価・再発見をされました。 20世紀を代表する実存主義作家と言われています。.

. …… 1. htm.

▼中学生の通信教育ランキング

さてフランツ・カフカの『変身』は、 人物が人間以外の生物に、謎の力で変身するというおとぎ話のようなシチュエーションを持ちながら、その描き方は徹底したリアリズムです。 この物語はさまざまな象徴や暗喩に満ちあふれていますが、同時に謎を解釈する楽しみもあります。この章では、読んでいるさなかあまり気づかない、『変身』の2大ツッコミポイントをご紹介。.

そこで現在までの研究において、伝記的な事実よりもよりテクストに注目した見解が存在しています。ここではそういった見解を テクスト論的な解釈 と呼んで、一例として、ウラジミール・ナボコフの解釈を紹介しましょう。 (『ナボコフの文学講義』下、河出文庫、年). ある日、下宿人の勧めで、妹がヴァイオリンを弾きはじめました。下宿人たちは妹の演奏に幻滅し、しぶしぶ聞いているにすぎませんでした。しかしグレーゴルは、妹が美しい演奏をしていると思い、その音に惹かれて部屋の中へ這い出して行きました。  三人の下宿人はグレーゴルの姿を見つけました。父親はグレーゴルから遠ざけるように、三人を押しのけ始めました。三人の紳士はこれに腹を立て、下宿の契約を解除しようとしました。グレーテは、グレーゴルのことを指して、この「けだもの」を処分しなければならないと言い放ち、父親もそれに同意しました。  グレーゴルは衰弱で身動きが取れずにいましたが、なんとか部屋に這い戻りました。その途端、妹がグレーゴルの部屋の扉を閉め、外側から閂(かんぬき)をかけました。.

知っておきたい:

コメント

コメントを追加

サイトに公開する前に、あなたのコメントがモデレートのために送信されます。

© 2020 iamdavidprince.com | 利用規約 | 連絡先 |