ワンダーランド ウォーズ ツクヨミ

公開日: 23.02.2020

Wonderland LIBRARY. ドローによる被弾か兵士列による被弾かの2択を迫りつつ、相手は ツクヨミ から逃げる選択肢を失います。ミリ残りの敵を仕留めたり、開幕のレーン戦で特に有効です。.

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる. チートは日本語でずるいとかなんとか 多分違う ひだり 「俺の番は」 3DSで出来るかな? 日本創世神話より月神「月読命」。創世神・伊邪那岐命から生まれ、太陽神・天照大神の対となる準最高位の存在である。 竹取物語において月は天界に近い扱いを受けており、両者はさほど遠くない存在なのかもしれない。 高位神ではあるものの、何故か日本書紀、古事記を初めとした神話書物においては目立った動きが少ない。 わずかに「食」というキーワードに絡むようで、食料の起源および昼夜の起源神話を演じている。. 序盤から接近し圧をかけてくる上、後半もロールエフェクトに絡んだスキル軍や加速する足回りで大変。 序盤は回転の早いSS、威力の高いDSが刺さってしまうようなワンミスでそのまま死につながりやすい。 幸い各種ショットはきちんと打てばDSは当たる硬直なので、しっかり狙っていきたい。 射程&描写とも長くはないので大兵士をしっかり活用したい。処理しそうなタイミングは狙いどころ。 手前を取られて裏どりをされるとレーンは下がるし非常につらい展開となる。 そのためなんとしても手前を守っておきたい。.

うぽつです うぽつ じゃあ一瞬ゲーム実況して 月ノ美兎(つきの みと)とは、いちから株式会社が運営する「にじさんじ」所属のバーチャルライバーである。概要 バーチャルライバー 月ノ美兎 基本情報 デザイン ねづみどし 年齢 16歳 身長 cm ご存知の通り、 ツクヨミ のドローはレバー操作で落ちる位置を調整できます。逆に操作しなければ、指定したポイントにまっすぐ落ちます。.

CDWonderland WarsSide Story. Wonderland Wars Cast Song. Ver3.

ツクヨミ はストレートショット(以下、SS)が特に貧弱なため、 接近を拒む手段にもMPを多く必要とします。 竹光、羽衣と拒否手段も持っていますが、ダウンを取られて起き攻めされる状態であればこれらも機能しないため、 他の遠距離キャスト以上に位置取りの意識と リスク管理 をする必要があります。 短所2.

自身から引いた線の方向に 非貫通攻撃 を放つ。 ヒットした敵に 中ダメージ を与える。 この攻撃は、敵や障害物にヒットするか終点まで飛ぶと爆発し、 爆発範囲内の敵キャストや巨人に 小ダメージ を与え、 敵兵士に 大ダメージ を与える。 さらに、このスキルが敵キャストにヒットした場合、 その敵キャストの ドローショット の 消費MP が 増加 する。. 特にドローの仕様上同時に二人を攻撃に巻き込むことが難しいため、横槍をしのいで時間を稼ぐ手段としては貴重。 個人的な考えとしては、 1番を背負う場合は必須だと考えています。 1番ファイターだと、横槍も苛烈になるため、 横やりに来たアタッカーをダウンさせて時間を奪うという行為は大きなアド バン テージになります。. レベル6でMPとスピードを中強化し、キャスト固有にて SS・DSの防御力が上昇する 。 防御力上昇とあるが、おおよそSSのダメージ7減らし、DSのダメージ5減らすものである +MAX時 。 WSと合わせれば横槍が来てもほとんどダメージが入らない驚異の堅さを見せる。 悪くはないものの終盤に強化されるにはそこまで必要ないステータスという事もあり、レベル6枠には別のアシストが採用される事が多い。.

とにかく慣れない内は、 「手前拠点は折れてもいいので、なるべく兵士処理をして 経験値 は拾う。危なくなったら早めに帰る」 を意識して下さい。.

  • 相手のドローやスキル等の硬直にドローを刺す時、円の中心に相手を捉えてレバー操作しないN撃ちをすると、どのキャストであろうと必ずヒットします。 ( ヴァイスの回避距離増加バフがかかっている場合を除く).
  • スキルが解禁されるため、Lv1ほど辛くはないですが、ツ クヨミのスキルはリンやシャリスみたいに兵士処理を促進するものでもなければ、クリスラや鬼断ちのように、兵士とキャストに当てて不利な状況をひっくり返すようなスキルでもありません。.

wlw. Lv1. Wonderland Wars Extra Soundtrack. Wonderland Wars Library Records -Brave- MOOK ?

SEGAのアーケードゲーム「Wonderland Wars」のプレイヤーによるゲームのあれこれ

主な用途としてはDSの補完や、遠距離での牽制。 DS1発で兵士列を処理することが投擲ドローの性質上不可能なので、そこで発生した取りこぼしを無駄なく処理するのに使う。 また判定の大きい弾がゆっくりと角度を付けて飛んでくる為、軌道が読みにくい。 そこから相手の移動を制限したり、一方は兵士、一方はキャスト、あるいは森を牽制しながら攻撃したり……といったDSにはない使い方が出来る。 二又という性質をどう活かすかがポイント。距離によっても使用感が変わるため、距離感の把握も重要となる。. 速度とドローを盛れる人気アシスト。英雄の クロスボウ 以上の火力に加え、速度上昇も入るため、火力面ではLv5ドローアシストには劣るが、安定感が増す。. Lv1からDS威力を補強し、兵士から得られる経験値量を増やすアシスト。  特殊効果は兵士15体撃破で発動するので、効果を得られるのは実質Lv2からとなる。増加値約1.

Wonderland Wars Extra Soundtrack Can't You See The Wonderland. MP. WS .

いまブロマガで人気の記事

ツクヨミ が一番辛く、難しい時間帯。. フリックをすると即時発動する。 自身の ドローショット の 攻撃範囲 が 拡大 し、 弾速 が 上がる 。. 相手の 若さ MPを吸い上げる ツクヨミ 独自のスキル。. 経験値取得範囲を拡大するアシストはほぼ必須。 単騎で戦う事が多いファイターであり、超遠距離かつ鈍足のツクヨミにとって経験値の回収は課題。 回収範囲拡大があるだけで立ち回りやすさが大きく異なる。. 基本的にはツクヨミ有利とされている組み合わせだが、相手の理解度によって難易度は変わる。 フックと同様に、インファイトしつつ長い停滞ドローを組み合わせて来られると序盤が辛く、 メロウ自体の体力はフックと比べると低いため、落ち着いて最低相撃ちするように対処したい。 ただし緊急回避の距離が長くN撃ちで捉えても確定しない。DSフェイントを駆使して釣っていきたい。 メロウ側がラピッドをもらっていたり、ゲイレットやクラフト6専用で回避性能を上げていると、 月輪中でもドロー硬直からこちらのドローを回避安定されるため、相手のビルドの確認はしっかりと。 最序盤以外は相手の方がドロー威力が高くなりやすく、ドローの相打ちを重ねる状況はあまり好ましくない。 また、Lv4以降は津波の存在によりラインを上げづらくなるため、可能な限りLv4までに手前を折りたい。 森津波を咎めたり、相手のWSをやり過ごしたりするためにも羽衣をしっかり使っていく必要がある。.

Wonderland LIBRARY. Want to create a community. ""DS MP. Ver3. DSDS SSSS! cons orDS SS MPMP FDS1 Lv12 F.

脚が速く継続回復も持つため、「対面を撃破ないし退かせてラインを上げる」戦術が効きづらい相手。 幸い、各種行動の硬直はそこそこ長いのでそこを意識したい。 基本的にはらいんふれあの硬直にDSを刺していきたい。相打ちになると兵士差がつくので不利になる為当たらないように。 基本的に火力は低いので、最低ドロー相撃ちでのダメ勝ちを狙っていき下がらせたいところ。 ビルドの幅が大きいキャストだが、ほとんどの人は速度を盛っておりSSでダウンを狙ってくる。. 射程差の関係上ツクヨミが有利と評価されがちだが、ドルミールはツクヨミが一番弱い開幕を得意とするFの一人でもある。 射程を補うアシストが複数登場し、ドルミール自体の速度も上がった今では互いの関係は一変。 昔のように有利な相手と思って立ち回ると、ドルミール特有の描画長が長く画面に長く残るドローで容易く封殺されるため注意が必要。 負け筋としては、近づかれてダウンを取られるところが挙げられる。最低でも、相手のDSにDSを重ねて相打ちに持ち込んでおきたい。.

遠距離から安全に処理できるので、ラージェ系統はあまり必要ない。 それよりも対キャストを充実させた方がよいだろう。 自衛力を底上げするなら エルガーグランツ 、攻撃力を補強するなら エルガーホルン など。. 引用をストックしました ストック一覧を見る 閉じる.

Wonderland Wars Library Records -Brave- MOOK .

知っておきたい:

コメント

  1. Wonderland Wars Library Records -Brave- ホビージャパンMOOK
  2. S Projectとは、「FB」「KIKKUN-MK-II」「あろまほっと」「eoheoh」の4名によるゲーム実況配信者集団である。カオス概要 M.

コメントを追加

サイトに公開する前に、あなたのコメントがモデレートのために送信されます。

© 2020 iamdavidprince.com | 利用規約 | 連絡先 |