リノ・ エアレース アンリミテッド

公開日: 24.02.2020

リノ・エアレースは観客数十万人を動員する大イベントではあるのですが、そこへエントリーしているチームは多くがパイロットが自らの機体とそれをサポートするチームのオーナーとなって参加しています。 チーム同士の横の繋がりも強く、リノ・エアレースは巨大な草レースでもあるんですな。  そこでは数々のレースに勝っている強いパイロットや長年活躍を続けている名物パイロット、渡り歩いたチームを次々に優勝へと導く名エンジニアらが注目や賞賛の的になっています。  また一方でリノ・エアレースに集う人々はそこに参加している人々だけではなくマシン、レース機=エアレーサー達にもレースを戦う主体としてのキャラクター認めているのが面白いところで、リノのエアレーサーは古い機体が多く、オーナーやパイロットが幾度となく変わっても同じ名前で長年ずっとエアレースに参戦し続けたり、パイロットよりもレーサーの方がレース歴が長く知名度も高い事だって珍しくありません。 不時着事故や機体のトラブル、チームの資金難、オーナー交代等の理由で何年も、時には何十年もレースから離れていた機体が往年の姿を取り戻し、レースへと復帰して歓呼とともに迎えられるなんて事もあります。.

白煙を出しながらエンジンスタートするグラマン F7F-3 タイガーキャット Bu.

滅多に見られないMigはチェコ空軍の塗装。 年の撮影。この写真を撮影していたら突如後ろから"Makoto-san! ウェイン・ハンドレーのオリジナルアクロ機 Giles G 「Turbo Raven」 N17HE 。 年のリノで初めて見た。 ターボプロップ機でフラットスピン中に水平飛行に移れるなど信じられない飛行ぶりを見せる。 2週間後のサリナスの航空ショーで墜落してしまった。. 小型アクロ用複葉機によるSport Biplaneクラスのレース。 速度は一番遅くて、せいぜい時速マイル 時速Km 程。 小回りを利かせて、各クラス中一番短い周回コースを回る。 ハエの様な レースの栄光と無念 年のUnlimited Gold決勝戦の為離陸した直後、エンジントラブルに見舞われ緊急着陸したシーフューリーMk.

白煙を出しながらエンジンスタートするグラマン F7F-3 タイガーキャット Bu. リノ・エアレースでも各機がレースウィーク最終日の日曜にある決勝レースでの勝利を目指すのですが、ちょっと変わった方式になってます。  まず予選がレースウィーク前半の月曜から水曜ににかけて行われ、エントリー各機がコース1周のタイムアタックを行います。  木曜からの本戦では各機が予選の速度によって上位から数階級に振り分けられ、各階級でそれぞれ "ヒートレース" を戦い、各ヒートレースで上位の機体は翌日にひとつ上の階級で戦える事になっています。 またヒートレースでトラブルにより飛べなかった機体は翌日のヒートレースの階級をひとつ落とされ、階級落ちした機の数だけ前日の下位階級からの繰り上がる機数が増える仕組みになってます。  この様にして木金土の3日間ヒートレースを戦った結果で日曜に行われる決勝のチャンピオンシップ、ブロンズ・シルバー・ゴールド各階級のスタートポジションを決める仕掛けになっています。  文章だと判り難いので、図にするとこんな感じになります。(クリックで拡大)  この一見ややこしい繰り上がり方式ですが、これがあるのでトラブルで予選の速度が計測出来ず、本戦へぶっつけ本番の出場 そういう事が出来るのだ をしたり、序盤のヒートレースで飛べない機体があっても下位の階級からヒートレースを勝ち上がり日曜のゴールドレースを戦う事が可能になる利点があります。  図は06年のアンリミテッドの例で、決勝レースが9機x3階級で計27機のルールです。 エントリー機数の都合でヒートレースや決勝レースに参加する機数、クラスによっては決勝までに戦うヒートレースの数が毎年調整されますが、繰り上がりの仕掛けは同じです。  またリノではレースチームが複数のパイロットを登録し、1機のレース機を予選やヒートレース、決勝でパイロットを替えながら戦っていく事が認められてたり、逆にチームがアンリミテッドクラスへ2機をエントリーし、その両方を同じパイロットが操縦する事もあります。 こういう場合の2機はゴールド狙う速い機体と、別のもっと遅い機体のペアなのでヒートレースがかち合わないから同一クラスにダブルエントリーしても問題ない様です。.

こちらはヘリコプター・クラスのレースのスタート風景 (ウソです。そんなのありません) 機体は Care Flight の AS F2 N30LG.

AT-6 聖闘士星矢スロット, Fly Fast. Care Flight AS F2 N30LG. T-6 km.       ! 5FAA      2   "Fly Low, You have a Race"?

栄光の座をかけてレースに挑むUnlimitedの機体。 Unlimited 無制限)の名の通り、レシプロエンジンなら何でもアリのレース。 従って各機の性能もマチマチで、トップの機体が周回遅れの機体を追い抜くこともある。 何機も一度にファインダーに納めてレースの雰囲気がある写真を撮るには最初の周回が勝負。.

◎リノ・エアレースのレースシステム

スタートはバイプレーンとフォーミュラワンが予選順に滑走路上で整列して合図で離陸する方式です。 規定によりこのふたつのクラスはプロペラが固定ピッチなので空中で速い機体ほど離陸の加速が付き難い傾向があります。 なのでスタート直後では遅い機体が先行するのを速い機体が抜くレース展開になります。  それ以外のクラスについては空中で予選順の隊列を組み、AT-6は滑走路の西からホームストレートへの進入、アンリミテッドとジェットとスポーツは滑走路の東端から北方向への進入時にペースプレーンから "Gentlemen, You have a Race" のコールが掛かってスタートを切るローリングスタート方式が採られています。 図中の矢印がスタート時における編隊の進入方向です。 またスポーツクラスのみスタート直後の一周はアンリミテッドと同じコースを巡る事になってます。.

リノ・エアレースでも各機がレースウィーク最終日の日曜にある決勝レースでの勝利を目指すのですが、ちょっと変わった方式になってます。  まず予選がレースウィーク前半の月曜から水曜ににかけて行われ、エントリー各機がコース1周のタイムアタックを行います。  木曜からの本戦では各機が予選の速度によって上位から数階級に振り分けられ、各階級でそれぞれ "ヒートレース" を戦い、各ヒートレースで上位の機体は翌日にひとつ上の階級で戦える事になっています。 またヒートレースでトラブルにより飛べなかった機体は翌日のヒートレースの階級をひとつ落とされ、階級落ちした機の数だけ前日の下位階級からの繰り上がる機数が増える仕組みになってます。  この様にして木金土の3日間ヒートレースを戦った結果で日曜に行われる決勝のチャンピオンシップ、ブロンズ・シルバー・ゴールド各階級のスタートポジションを決める仕掛けになっています。  文章だと判り難いので、図にするとこんな感じになります。(クリックで拡大)  この一見ややこしい繰り上がり方式ですが、これがあるのでトラブルで予選の速度が計測出来ず、本戦へぶっつけ本番の出場 そういう事が出来るのだ をしたり、序盤のヒートレースで飛べない機体があっても下位の階級からヒートレースを勝ち上がり日曜のゴールドレースを戦う事が可能になる利点があります。  図は06年のアンリミテッドの例で、決勝レースが9機x3階級で計27機のルールです。 エントリー機数の都合でヒートレースや決勝レースに参加する機数、クラスによっては決勝までに戦うヒートレースの数が毎年調整されますが、繰り上がりの仕掛けは同じです。  またリノではレースチームが複数のパイロットを登録し、1機のレース機を予選やヒートレース、決勝でパイロットを替えながら戦っていく事が認められてたり、逆にチームがアンリミテッドクラスへ2機をエントリーし、その両方を同じパイロットが操縦する事もあります。 こういう場合の2機はゴールド狙う速い機体と、別のもっと遅い機体のペアなのでヒートレースがかち合わないから同一クラスにダブルエントリーしても問題ない様です。.

ウェイン・ハンドレーのオリジナルアクロ機 Giles G 「Turbo Raven」 N17HE 。 年のリノで初めて見た。 ターボプロップ機でフラットスピン中に水平飛行に移れるなど信じられない飛行ぶりを見せる。 2週間後のサリナスの航空ショーで墜落してしまった。. こちらはヘリコプター・クラスのレースのスタート風景 (ウソです。そんなのありません) 機体は Care Flight の AS F2 N30LG. 後続機が先行機を追い抜くにもルールがあって、接近した状況で追い抜きを仕掛ける機は旋回する先行機の外側を飛ぶコースを取ることが定められています。 エアレーサーは視界が非常に限られているので強引に他機の内側へ切り込むことは接触事故の可能性を高め、また旋回の内側後方では気流が大きく乱れているため後続機の飛行安定に深刻な影響を及ぼします。 また抜かれる機が相手の進路を妨害するのも違反です。  レース中にトラブルを起こした機体はまずその速度を利用してコースから上昇し、緊急着陸のための高度を稼ぎます。 レースコースは地表に近いのでそのままでは危険な高度ですが、速度があるのでエンジンが不調でも一旦上昇をすれば時間的余裕が生まれ、常に上空からレースを監視をしているペースプレーンの誘導により通常と横風用に2本ある滑走路のどちらかへ着陸することになっています。  リノ・エアレースで良く言われているのが "Fly Low, Fly Fast, Turn Left" の言葉です。 「低く速く左旋回せよ」って所でしょうか。 高めの高度を取っての飛行ではパイロンぎりぎりに周回する事が難しくなります。  とは言え各機が常にパイロンぎりぎりの高度で飛ぶかと言えばそうではなく、パイロットによって高く飛ぶ者や低く飛ぶ者まで様々です。 また高めのコース取りをしておいて、ここ一番のタイミングで下降に転じ位置エネルギーを利用した加速で先行機を抜き去るテクニックがあるのは三次元空間で争われるエアレースのみどころのひとつです。.

Reno National Championship Airraces and Airshow リノ・エアレース ご存知、リノのエアレースである。いわゆるパイロンレースで、周回コースを回る速度を競うので、観客はレースの始終を見ることが出来る。 毎年訪問しているイベントで、年も楽しみにしていたのだが、結局直前に同時多発テロが起きて、レース当日はVFR 目視飛行)が許可されず結局中止。 昔は類似のエアレースが随所であり、Gee Beeを始めとするレース専用機なども作られたことがあった。 現代のエアレースはBiplane, Formula One, T-6, Unlimited などのクラスに別れている。 年にはLによるジェットクラスが追加されたが、これはやたらと静かで面白く無かった。 トロージャンクラスは機数が揃わず年限り。 なんと言ってもお楽しみはUnlimitedで、ノーマルや改造のムスタング、ベアキャット、シーフューリーなどが出る。 Unlimited 無制限 の名のとおり、レシプロエンジンである限り何でもアリだ。 レースだけではなく合間に行われる航空ショーの方も極めて充実した内容。 入場券は数種類売っているが、私の経験からいくと当日券自由席で充分 売り切れる事は無い)。これにピットパスを加えてピットエリアを見たり、静展示地区からレースとタキシングを見る(ここが一番滑走に近い)のがオススメ。 注:年土曜日に見た時には静展示地区突端から見物人が一時追い出されてしまった。 観覧席 Grandstand からだとショーセンターにはなるが、自由席、指定席共にちょっと滑走路まで遠い。 Unlimitedクラスでレース中の機番11 「ミス・アメリカ」と、機番66のシーフューリー NHP 「伝説」の機体~レシプロ機による速度の世界記録 3km区間の水平飛行計測で時速

  • スタートはバイプレーンとフォーミュラワンが予選順に滑走路上で整列して合図で離陸する方式です。 規定によりこのふたつのクラスはプロペラが固定ピッチなので空中で速い機体ほど離陸の加速が付き難い傾向があります。 なのでスタート直後では遅い機体が先行するのを速い機体が抜くレース展開になります。  それ以外のクラスについては空中で予選順の隊列を組み、AT-6は滑走路の西からホームストレートへの進入、アンリミテッドとジェットとスポーツは滑走路の東端から北方向への進入時にペースプレーンから "Gentlemen, You have a Race" のコールが掛かってスタートを切るローリングスタート方式が採られています。 図中の矢印がスタート時における編隊の進入方向です。 またスポーツクラスのみスタート直後の一周はアンリミテッドと同じコースを巡る事になってます。. ご存知、リノのエアレースである。いわゆるパイロンレースで、周回コースを回る速度を競うので、観客はレースの始終を見ることが出来る。 毎年訪問しているイベントで、年も楽しみにしていたのだが、結局直前に同時多発テロが起きて、レース当日はVFR 目視飛行)が許可されず結局中止。 昔は類似のエアレースが随所であり、Gee Beeを始めとするレース専用機なども作られたことがあった。 現代のエアレースはBiplane, Formula One, T-6, Unlimited などのクラスに別れている。 年にはLによるジェットクラスが追加されたが、これはやたらと静かで面白く無かった。 トロージャンクラスは機数が揃わず年限り。 なんと言ってもお楽しみはUnlimitedで、ノーマルや改造のムスタング、ベアキャット、シーフューリーなどが出る。 Unlimited 無制限 の名のとおり、レシプロエンジンである限り何でもアリだ。 レースだけではなく合間に行われる航空ショーの方も極めて充実した内容。 入場券は数種類売っているが、私の経験からいくと当日券自由席で充分 売り切れる事は無い)。これにピットパスを加えてピットエリアを見たり、静展示地区からレースとタキシングを見る(ここが一番滑走に近い)のがオススメ。 注:年土曜日に見た時には静展示地区突端から見物人が一時追い出されてしまった。 観覧席 Grandstand からだとショーセンターにはなるが、自由席、指定席共にちょっと滑走路まで遠い。.
  • ご存知、リノのエアレースである。いわゆるパイロンレースで、周回コースを回る速度を競うので、観客はレースの始終を見ることが出来る。 毎年訪問しているイベントで、年も楽しみにしていたのだが、結局直前に同時多発テロが起きて、レース当日はVFR 目視飛行)が許可されず結局中止。 昔は類似のエアレースが随所であり、Gee Beeを始めとするレース専用機なども作られたことがあった。 現代のエアレースはBiplane, Formula One, T-6, Unlimited などのクラスに別れている。 年にはLによるジェットクラスが追加されたが、これはやたらと静かで面白く無かった。 トロージャンクラスは機数が揃わず年限り。 なんと言ってもお楽しみはUnlimitedで、ノーマルや改造のムスタング、ベアキャット、シーフューリーなどが出る。 Unlimited 無制限 の名のとおり、レシプロエンジンである限り何でもアリだ。 レースだけではなく合間に行われる航空ショーの方も極めて充実した内容。 入場券は数種類売っているが、私の経験からいくと当日券自由席で充分 売り切れる事は無い)。これにピットパスを加えてピットエリアを見たり、静展示地区からレースとタキシングを見る(ここが一番滑走に近い)のがオススメ。 注:年土曜日に見た時には静展示地区突端から見物人が一時追い出されてしまった。 観覧席 Grandstand からだとショーセンターにはなるが、自由席、指定席共にちょっと滑走路まで遠い。. こちらはヘリコプター・クラスのレースのスタート風景 (ウソです。そんなのありません) 機体は Care Flight の AS F2 N30LG.

T-6 km ? Care Flight AS F2 N30LG. T Mk. VFR Gee Bee Biplane, Formula O. Sport Biplane Km Unlimited Unlimited .

このイベントに関するニュース

後続機が先行機を追い抜くにもルールがあって、接近した状況で追い抜きを仕掛ける機は旋回する先行機の外側を飛ぶコースを取ることが定められています。 エアレーサーは視界が非常に限られているので強引に他機の内側へ切り込むことは接触事故の可能性を高め、また旋回の内側後方では気流が大きく乱れているため後続機の飛行安定に深刻な影響を及ぼします。 また抜かれる機が相手の進路を妨害するのも違反です。  レース中にトラブルを起こした機体はまずその速度を利用してコースから上昇し、緊急着陸のための高度を稼ぎます。 レースコースは地表に近いのでそのままでは危険な高度ですが、速度があるのでエンジンが不調でも一旦上昇をすれば時間的余裕が生まれ、常に上空からレースを監視をしているペースプレーンの誘導により通常と横風用に2本ある滑走路のどちらかへ着陸することになっています。  リノ・エアレースで良く言われているのが "Fly Low, Fly Fast, Turn Left" の言葉です。 「低く速く左旋回せよ」って所でしょうか。 高めの高度を取っての飛行ではパイロンぎりぎりに周回する事が難しくなります。  とは言え各機が常にパイロンぎりぎりの高度で飛ぶかと言えばそうではなく、パイロットによって高く飛ぶ者や低く飛ぶ者まで様々です。 また高めのコース取りをしておいて、ここ一番のタイミングで下降に転じ位置エネルギーを利用した加速で先行機を抜き去るテクニックがあるのは三次元空間で争われるエアレースのみどころのひとつです。.

ご存知、リノのエアレースである。いわゆるパイロンレースで、周回コースを回る速度を競うので、観客はレースの始終を見ることが出来る。 毎年訪問しているイベントで、年も楽しみにしていたのだが、結局直前に同時多発テロが起きて、レース当日はVFR 目視飛行)が許可されず結局中止。 昔は類似のエアレースが随所であり、Gee Beeを始めとするレース専用機なども作られたことがあった。 現代のエアレースはBiplane, Formula One, T-6, Unlimited などのクラスに別れている。 年にはLによるジェットクラスが追加されたが、これはやたらと静かで面白く無かった。 トロージャンクラスは機数が揃わず年限り。 なんと言ってもお楽しみはUnlimitedで、ノーマルや改造のムスタング、ベアキャット、シーフューリーなどが出る。 Unlimited 無制限 の名のとおり、レシプロエンジンである限り何でもアリだ。 レースだけではなく合間に行われる航空ショーの方も極めて充実した内容。 入場券は数種類売っているが、私の経験からいくと当日券自由席で充分 売り切れる事は無い)。これにピットパスを加えてピットエリアを見たり、静展示地区からレースとタキシングを見る(ここが一番滑走に近い)のがオススメ。 注:年土曜日に見た時には静展示地区突端から見物人が一時追い出されてしまった。 観覧席 Grandstand からだとショーセンターにはなるが、自由席、指定席共にちょっと滑走路まで遠い。.

新設されたスポーツクラスは5機以上量産されているキット形式の機体でFAA耐空証明取得済、排気量立方インチ

Unlimited GoldMk. AT-6 "Gentlemen, You have a Race". Care Flight AS F2 N30LG. F7F-3 Bu.       .

レース中のT-6。 同じ機種でのレースなので何回周回しても大差が付かない。 その分「接戦」に見える。しかし絶対的に速度が遅く 時速~マイル:時速~km 、プロペラが空気を叩く音がうるさく(プロペラ先端では音速を超える)決して「快適なレース観戦」ではない。. こちらはヘリコプター・クラスのレースのスタート風景 (ウソです。そんなのありません) 機体は Care Flight の AS F2 N30LG. レースの栄光と無念 年のUnlimited Gold決勝戦の為離陸した直後、エンジントラブルに見舞われ緊急着陸したシーフューリーMk. 白煙を出しながらエンジンスタートするグラマン F7F-3 タイガーキャット Bu.

Reno National Championship Airraces and Airshow リノ・エアレース ご存知、リノのエアレースである。いわゆるパイロンレースで、周回コースを回る速度を競うので、観客はレースの始終を見ることが出来る。 毎年訪問しているイベントで、年も楽しみにしていたのだが、結局直前に同時多発テロが起きて、レース当日はVFR 目視飛行)が許可されず結局中止。 昔は類似のエアレースが随所であり、Gee Beeを始めとするレース専用機なども作られたことがあった。 現代のエアレースはBiplane, Formula One, T-6, Unlimited などのクラスに別れている。 年にはLによるジェットクラスが追加されたが、これはやたらと静かで面白く無かった。 トロージャンクラスは機数が揃わず年限り。 なんと言ってもお楽しみはUnlimitedで、ノーマルや改造のムスタング、ベアキャット、シーフューリーなどが出る。 Unlimited 無制限 の名のとおり、レシプロエンジンである限り何でもアリだ。 レースだけではなく合間に行われる航空ショーの方も極めて充実した内容。 入場券は数種類売っているが、私の経験からいくと当日券自由席で充分 売り切れる事は無い)。これにピットパスを加えてピットエリアを見たり、静展示地区からレースとタキシングを見る(ここが一番滑走に近い)のがオススメ。 注:年土曜日に見た時には静展示地区突端から見物人が一時追い出されてしまった。 観覧席 Grandstand からだとショーセンターにはなるが、自由席、指定席共にちょっと滑走路まで遠い。 Unlimitedクラスでレース中の機番11 「ミス・アメリカ」と、機番66のシーフューリー NHP 「伝説」の機体~レシプロ機による速度の世界記録 3km区間の水平飛行計測で時速

66 6? T 62 5FAA Care Flight AS F2 N30LG.  1   ""    3      069x327   12 2? Sport Biplane Km.      2 メアリー・ マクベス "Fly Low, リノ・ エアレース アンリミテッド Fast.

◎リノ・エアレースのクラス分類

こちらはヘリコプター・クラスのレースのスタート風景 (ウソです。そんなのありません) 機体は Care Flight の AS F2 N30LG. 新設されたスポーツクラスは5機以上量産されているキット形式の機体でFAA耐空証明取得済、排気量立方インチ リノ・エアレースでも各機がレースウィーク最終日の日曜にある決勝レースでの勝利を目指すのですが、ちょっと変わった方式になってます。  まず予選がレースウィーク前半の月曜から水曜ににかけて行われ、エントリー各機がコース1周のタイムアタックを行います。  木曜からの本戦では各機が予選の速度によって上位から数階級に振り分けられ、各階級でそれぞれ "ヒートレース" を戦い、各ヒートレースで上位の機体は翌日にひとつ上の階級で戦える事になっています。 またヒートレースでトラブルにより飛べなかった機体は翌日のヒートレースの階級をひとつ落とされ、階級落ちした機の数だけ前日の下位階級からの繰り上がる機数が増える仕組みになってます。  この様にして木金土の3日間ヒートレースを戦った結果で日曜に行われる決勝のチャンピオンシップ、ブロンズ・シルバー・ゴールド各階級のスタートポジションを決める仕掛けになっています。  文章だと判り難いので、図にするとこんな感じになります。(クリックで拡大)  この一見ややこしい繰り上がり方式ですが、これがあるのでトラブルで予選の速度が計測出来ず、本戦へぶっつけ本番の出場 そういう事が出来るのだ をしたり、序盤のヒートレースで飛べない機体があっても下位の階級からヒートレースを勝ち上がり日曜のゴールドレースを戦う事が可能になる利点があります。  図は06年のアンリミテッドの例で、決勝レースが9機x3階級で計27機のルールです。 エントリー機数の都合でヒートレースや決勝レースに参加する機数、クラスによっては決勝までに戦うヒートレースの数が毎年調整されますが、繰り上がりの仕掛けは同じです。  またリノではレースチームが複数のパイロットを登録し、1機のレース機を予選やヒートレース、決勝でパイロットを替えながら戦っていく事が認められてたり、逆にチームがアンリミテッドクラスへ2機をエントリーし、その両方を同じパイロットが操縦する事もあります。 こういう場合の2機はゴールド狙う速い機体と、別のもっと遅い機体のペアなのでヒートレースがかち合わないから同一クラスにダブルエントリーしても問題ない様です。.

Reno National Championship Airraces and Airshow VFR Gee Bee Bipl. Care Flight AS F2 N30LG. T Mk.

知っておきたい:

コメント

コメントを追加

サイトに公開する前に、あなたのコメントがモデレートのために送信されます。

© 2020 iamdavidprince.com | 利用規約 | 連絡先 |