キャプテン レックス オーダー 66

公開日: 28.02.2020

スター・ツアーズ ( ザ・アドベンチャーズ・コンティニュー ) ローンチ・ベイ ジェダイ・トレーニング:トライアル・オブ・ザ・テンプル ギャラクシーズ・エッジ ( ミレニアム・ファルコン:スマグラーズラン ・ ライズ・オブ・ザ・レジスタンス ). 彼らは専用装備としてARCアーマーというヘルメットと左肩から胸部にかけてパーツが追加された特別仕様の装甲服を支給された。 またジャンゴ・フェットの指導の影響でDCハンドブラスターによる二挺拳銃を好む個体もいた。.

キャプテン・レックスやコマンダー・ ウォルフ 、 クローン・コマンドー ・ グレガー といった一部のクローンは、頭部に埋め込まれた行動抑制チップを除去することに成功していた。 [17] こうしたクローンのうち、少なくともレックスはオーダー66以前にチップを摘出していたため、ジェダイの処刑に加担しなかった。 [3].

ジャンゴ・フェットの死後も訓練プログラムは引き継がれ、何人ものARCトルーパーが誕生した。 彼らの中でもスピーダーバイクを扱うバイカー上級偵察コマンドー、重火器を扱う上級偵察コマンドへヴィーガンナー、 航空機を扱う上級偵察コマンドーパイロットなど、さらに細かく分かれていた。. ログイン アカウントをお持ちでない場合.

彼らは幼少時から兵士として一律な教育を受けており、能力的、肉体的、精神的な個体差はほとんど無かった。 最終的に就いた役職によって能力には大きく差異が出るが、これは先天的な素質の影響ではなく、役割ごとに必要な技能を優先的に修得させた結果である。 ちなみにヨーダ曰く フォース は個人個人で異なっているとのこと。. もう一つの例外は味方を攻撃するクローントルーパーである。 クローンは命令を受けて敵を攻撃することは呼吸をするようにこなせた。 しかし味方や上官への攻撃に関しては多大な心理的苦痛を伴った。.

Wikiコミュニティ コミュニティセントラル Wikiをはじめよう. ネットマフィア「ゴスペル」 ロックマンエグゼ 大潟村 巡礼 Q.

ARCAdvanced Recon Commando ARC ! DCA DCSDC 20 [ 1] [ 2]. : Wikipedia.

クローン戦争 勃発 の10 年 ほど前、 ジェダイ最高評議会 のメンバーである ジェダイ・マスター の サイフォ=ディアス が、銀河共和国のためのクローン軍団を惑星カミーノに発注した。 [11] これを知った元ジェダイの シス卿 ドゥークー 伯爵 は、 ジェダイ・オーダー 壊滅という シス の陰謀のために、ジェダイのふりをして カミーノアン のクローン技師にバイオ=チップを提供した。クローン・プロトコル66を内蔵したこのチップは、ジェダイに対する攻撃を確実に遂行させるため、クローンを完全服従させる効果を持っていた。チップはカミーノアンによって成長段階の初期フェーズで全てのクローンの脳内に埋め込まれた。 [8]. クローン戦争終戦までにクローン・トルーパーは約万ユニット製造され、銀河共和国軍に編成された。彼等は互いの認識を目的とした認識番号を持ち、左手首には詳細な情報が読み取れる識別コードが埋め込まれていた。装備としては銃身の長い長距離用ライフルであるDCA ブラスター・ライフル や銃身の短いDCSブラスター、DCハンド・ ブラスター・ピストル で武装し、コムリンクや呼吸補助装置が内蔵された白いヘルメットをかぶり、黒い温度調整ボディ・ローブの上に、それぞれの体形に合った20ピースの白い 装甲服 を着用している。 クローン大戦 初期には、装甲服のペインティングによって階級が表されており、下から順に、緑が軍曹(サージェント、分隊長)、青が中尉(ルテナント、小隊長)、赤が大尉(キャプテン、中隊長)、黄が中佐(コマンダー、大隊長)であった。しかし戦争が長期化するにつれ、ペインティングによる階級制度は廃止となる。装甲服に施されたペインティングは所属部隊を表すようになり、さらに装甲服などの標準装備も改良され、様々なクローン・トルーパーの兵科や特色ある装甲服の部隊が創設された。代表的な部隊としてはクローン・キャプテン・レックスが指揮する、装甲服の随所に青い装飾の施された「第大隊 [注釈 1] [注釈 2] 」、首都惑星 コルサント の防衛・治安維持を主任務とし、時にはパルパティーンの警護を行う赤いペインティングの施された、クローン・コマンダー・サイアの指揮する「ショック・トルーパー」等がある。.
  • のちにダース・シディアスは、ダークサイドに転向した ドゥークー伯爵 にクローントルーパーの発注と目的を話して、彼にサイフォ=ディアスを殺させた。 その後、ドゥークーはジェダイ・オーダーを離れる前に(あるいは離脱後に忍び込んで)ジェダイ公文書館から惑星カミーノの記録を削除した。 これによってクローントルーパー計画はシスの手によって、ジェダイ絶滅と銀河系掌握の手段になってしまった。. 名前: コメント:.
  • 特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツは CC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。.

質問した人からのコメント

ヘルプ ヘルプ 井戸端 お知らせ バグの報告 寄付 ウィキペディアに関するお問い合わせ. ザイゲリアの事件の後、レックスはケノービ、スカイウォーカー、タノらと共に惑星 オンダロン へ派遣され、分離主義者の サンジェイ・ラッシュ 王 と戦う オンダロン反乱軍 の兵士を訓練した。ジェダイ・オーダーはオンダロンの内政への直接的な介入を避ける代わりに、反乱軍の兵士たちにバトル・ドロイドと戦う術を伝授することに決めたのである。レックスたちはリパブリック・シャトル< ワルキューレ >でオンダロンに潜入し、 ジャングル の中の キャンプ で反乱軍の中心人物である スティーラ と ソウ・ゲレラ 、 ラックス・ボンテリ らと合流する。レックスは反乱軍の前で装甲型強襲用戦車の破壊方法を実演し、コックピットと砲座を同時に爆破しなければならないとレクチャーした。. 白基調ながら胸部等の赤い装甲が特徴。 コルサントにおける治安維持を主任務とする兵種で、他のクローンたちと異なり惑星コルサントで訓練を受けた。 だがその実態は第大隊と同様のパルパティーン最高議長の手足である。 分離主義勢力との戦いに限らず、共和国国民を対象とした暴動鎮圧や議長の護衛も担当しており、銀河帝国勃興後はそのままインペリアル・ショック・トルーパーへと移行した。.

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』. 当然アーマーの中身もジャンゴや ボバ・フェット と同じ外見をしており、 幼少期のボバが父の死を思い出すのでトルーパーの死は見たくないと言う場面もある。.

Wiki Wiki. Wiki Wiki.

クローンの製造停止により供給がストップしたクローンの代わりに、帝国はストーム・トルーパーの新兵を一般から募るようになり、装甲服や兵器も新たなものに変更された。そして、銀河各地に設立された士官学校(アカデミー)で訓練を受けた一般兵が増加したことにより、帝国軍とその兵士は徐々に通常の人間に置き換わり、最終的に兵力を20億にも伸ばしていった。また、クローン兵士が続々と退役していったことで、クローンたちは帝国からその姿を消していった。エピソード4でヤヴィンの戦いが発生する4年前には、クローン戦争当時に約万人以上いたクローン兵は帝国軍から全員退役し、銀河各地で余生を過ごしているという認識が通説となっていた [6] 。.

これらの長所を持つため、新共和国時代になってファースト・オーダーのストーム・トルーパーから裏切り者が出た際には、 最高指導者スノークは今後クローンの運用を検討すべきだと カイロ・レン が ハックス将軍 の軍事的方針を批判していた。. 観察眼にも優れており、アナキンとパドメが互いに相思相愛であることを見抜いたり、クローンに擬態したバトルドロイドを見破ったこともあった。 戦闘ではDCハンドブラスターによる二挺拳銃で戦うことが多かった。. 当然アーマーの中身もジャンゴや ボバ・フェット と同じ外見をしており、 幼少期のボバが父の死を思い出すのでトルーパーの死は見たくないと言う場面もある。.

Republic commandoARCARC. ARC. Wiki Wiki.

第501大隊(第501軍団)のクローントルーパーのLEGOミニフィグまとめ

マスター・ デパ・ビラバ と弟子の ケイレブ・デューム は、惑星 カラー の野営地でコマンダー・ グレイ の 大隊 による奇襲を受けた。このとき 瞑想 をしていたビラバは、他のジェダイが殺されるフォース・ヴィジョンを見たため、奇襲が始まる直前に弟子に警告を放つことができた。ビラバは ライトセーバー を使ってクローン・トルーパーを数名倒し、デュームを逃がすため自らを犠牲にした。 [2] またマスター・ ジャロ・タパル とその弟子 カル・ケスティス は、惑星 ブラッカ 上空の ヴェネター級スター・デストロイヤー 艦内でクローン・トルーパーの裏切りに遭った。タパルは自らの命を犠牲にしてカルを 脱出ポッド へ逃し、 スター・デストロイヤー を破壊することで、弟子が生き残ったことをうやむやにした。 [5].

もともとサイフォ=ディアスは、やがて銀河共和国を襲う脅威に対抗するためにクローントルーパーを発注した。 しかしジェダイ評議会には報告していなかったため、このことを知っているのは当時最高議長になったばかりのパルパティーンだけであった。 サイフォ=ディアスはパルパティーンを信じていたが、 ダース・シディアス であることには気付かなかった。.

クローントルーパーは バトルドロイド よりも柔軟な思考能力を有する。 しかし、それはあくまで「ドロイドに比べれば」であり、発揮されるのもあくまで命令の範囲内だけだった。 クローントルーパー自らが作戦立案を行ったり、意見具申をすることは基本的にはあり得なかった。. 他のプロジェクト コモンズ. クローン大戦では様々なコマンドー部隊が戦場で名を馳せた。クローン戦争の最初の戦いであるジオノーシスに投入された「デルタ分隊」は多くの任務で作戦を遂行し、その活躍はジェダイ評議会にも知れ渡っていた。コマンダー・コーディが率いる第突撃大隊に属していた「フォックストロット・グループ」はコマンドー・キャプテン・グレガーが指揮官を務めていた。この部隊は共和国史上最大の負け戦とも言われるサーリッシュの戦いで戦闘中行方不明となる。その後、記憶喪失の状態で発見されたグレガーは、ある事件をきっかけに記憶を取り戻し、共和国軍への奇襲攻撃阻止に貢献。さらに彼は、バイオチップを頭部から取り除きオーダー66に参加せず、十数年後には反乱同盟に参加している。コマンドー・サージェント・ハンターが率いる「クローン・フォース99(別名:バッド・バッチ )」は意図的に遺伝子の大きな改変を受けた奇形クローンによる部隊であり、一騎当千も可能なほどの戦闘能力を秘めるこの実験的部隊も各地で極めて大きな戦果を挙げていた。.

  • 役目を終えたクローンたちは彼らのオリジナルであるジャンゴ・フェットの故郷、惑星マンダロアに移住し、マンダロリアンに同化していった。 ただし、極わずかながらも帝国でストームトルーパーとして活動し続けた者もいる。.
  • ザイゲリアの事件の後、レックスはケノービ、スカイウォーカー、タノらと共に惑星 オンダロン へ派遣され、分離主義者の サンジェイ・ラッシュ 王 と戦う オンダロン反乱軍 の兵士を訓練した。ジェダイ・オーダーはオンダロンの内政への直接的な介入を避ける代わりに、反乱軍の兵士たちにバトル・ドロイドと戦う術を伝授することに決めたのである。レックスたちはリパブリック・シャトル< ワルキューレ >でオンダロンに潜入し、 ジャングル の中の キャンプ で反乱軍の中心人物である スティーラ と ソウ・ゲレラ 、 ラックス・ボンテリ らと合流する。レックスは反乱軍の前で装甲型強襲用戦車の破壊方法を実演し、コックピットと砲座を同時に爆破しなければならないとレクチャーした。.
  • クローン戦争終戦までにクローン・トルーパーは約万ユニット製造され、銀河共和国軍に編成された。彼等は互いの認識を目的とした認識番号を持ち、左手首には詳細な情報が読み取れる識別コードが埋め込まれていた。装備としては銃身の長い長距離用ライフルであるDCA ブラスター・ライフル や銃身の短いDCSブラスター、DCハンド・ ブラスター・ピストル で武装し、コムリンクや呼吸補助装置が内蔵された白いヘルメットをかぶり、黒い温度調整ボディ・ローブの上に、それぞれの体形に合った20ピースの白い 装甲服 を着用している。 クローン大戦 初期には、装甲服のペインティングによって階級が表されており、下から順に、緑が軍曹(サージェント、分隊長)、青が中尉(ルテナント、小隊長)、赤が大尉(キャプテン、中隊長)、黄が中佐(コマンダー、大隊長)であった。しかし戦争が長期化するにつれ、ペインティングによる階級制度は廃止となる。装甲服に施されたペインティングは所属部隊を表すようになり、さらに装甲服などの標準装備も改良され、様々なクローン・トルーパーの兵科や特色ある装甲服の部隊が創設された。代表的な部隊としてはクローン・キャプテン・レックスが指揮する、装甲服の随所に青い装飾の施された「第大隊 [注釈 1] [注釈 2] 」、首都惑星 コルサント の防衛・治安維持を主任務とし、時にはパルパティーンの警護を行う赤いペインティングの施された、クローン・コマンダー・サイアの指揮する「ショック・トルーパー」等がある。.
  • クローンに取り囲まれた アイラ・セキュラ.

CC 41 B1B2 TX AV-7? ARC. 11. AT-TE3.

ベストアンサーに選ばれた回答

それが、極端に言えば、「全員チップのせいで嫌々やらされただけで、もともとは善良な人たちなんです」の一文で片付けられてしまうことに、強い抵抗を覚えたファンがいた。 感情の希薄さなど基本的には共通した設定が依然多いのだが、シリーズの歴史が長いぶん、細かい拘りを持つファンも少なくないようである。. クローン・プロトコル66は、 共和国グランド・アーミー の クローン・トルーパー たちに製造段階から組み込まれていた。 [7] 惑星 カミーノ で製造されたあらゆる クローン は、 脳 に 行動抑制チップ という有機物のチップを埋め込まれていた。 [8] このチップはクローンに最高機密指令への服従を強制させるためのもので [9] 、 銀河共和国 の 最高議長 シーヴ・パルパティーン の声によって起動された。パルパティーンが ホログラム 通信を介してオーダー66の遂行を口頭で命じるだけで、クローンは忠実に指令を完遂した。 [1] ひとたび起動されたバイオ=チップはクローンに完全服従を強制し、クローンが個人的な意志で動こうとしても免れることはできなかった。クローンはオーダー66発令時にジェダイを抹殺すべき危険な脅威とみなすよう設定されていた。 [10].

クローン・トルーパーを製造したのはカミーノの技術者たちだが、彼らは軍事への知識が薄く、クローンへの訓練には遺伝子のホストであるジャンゴ・フェットを中心に彼の同業者である賞金稼ぎの傭兵やフェットと同じ マンダロリアン の戦士たちで構成された分派組織「ジャーニーマン・プロテクター」が雇われた。彼らはクローンたちに軍事技術だけではなく賞金稼ぎや傭兵、マンダロアの歴史・言語・流儀なども教えており、これに影響され個性的な思考・流儀を持つようになったクローンもいる。戦争がはじまると、教官やマンダロアの戦士たちの多くは活動の場を訓練場のみに留めず、教え子であるクローンたちと戦場で共闘するようになる。ジャーニーマン・プロテクターはクローン戦争終結後、引き続き帝国と手を結び恭順の姿勢を示していたが、生き残りのジェダイ・ケイナン・ジャラスとマンダロリアンの少女・サビーヌ・レンが強引な方法で取引を行い、プロテクターたちは反乱同盟軍の協力者となる [2] 。.

TV Wiki. 66 [7] [8] [9] 66 [1] 66 [10]. 66 [1].

知っておきたい:

コメント

  1. ARCトルーパーの成功後は多くのコマンダーがARCトルーパー訓練を受け、ARCコマンダーとして任務に就いた。 コマンダーは時にジェダイ将軍の副官として、時に大隊指揮官として名から成る大隊を指揮した。 彼らは普段は前線司令センターにいたが、時には自らが最前線に出向くこともあった。 コマンダーの中にも階級が存在し、さらに高位のコマンダーはマーシャルコマンダーと呼ばれた。.
  2. クローン大戦では様々なコマンドー部隊が戦場で名を馳せた。クローン戦争の最初の戦いであるジオノーシスに投入された「デルタ分隊」は多くの任務で作戦を遂行し、その活躍はジェダイ評議会にも知れ渡っていた。コマンダー・コーディが率いる第突撃大隊に属していた「フォックストロット・グループ」はコマンドー・キャプテン・グレガーが指揮官を務めていた。この部隊は共和国史上最大の負け戦とも言われるサーリッシュの戦いで戦闘中行方不明となる。その後、記憶喪失の状態で発見されたグレガーは、ある事件をきっかけに記憶を取り戻し、共和国軍への奇襲攻撃阻止に貢献。さらに彼は、バイオチップを頭部から取り除きオーダー66に参加せず、十数年後には反乱同盟に参加している。コマンドー・サージェント・ハンターが率いる「クローン・フォース99(別名:バッド・バッチ )」は意図的に遺伝子の大きな改変を受けた奇形クローンによる部隊であり、一騎当千も可能なほどの戦闘能力を秘めるこの実験的部隊も各地で極めて大きな戦果を挙げていた。. 銀河共和国 から最新鋭の兵器・艦船・戦闘機・装備を与えられ、 ジェダイ 将軍の率いるクローン・トルーパーは クローン大戦 中、銀河系の各地で行われた数多くの戦いで、煩雑な指令系統を持つ共和国軍を勝利に導き、銀河史上屈指の軍隊と内外に広く認識された。しかしそれと同時に、銀河史上稀に見る戦いの傷跡を銀河系の各地に残した。.
  3. レックス、スカイウォーカー、タノの乗るガンシップは真っ先に撃墜され、ジオノージアンの ブラスター砲 台付近に落下した。彼らはガンシップの残骸から脱出してジオノージアンの前線を攻撃したが、AT-TEウォーカーを失い、ケノービ隊に援護を求めた。しかし、3隊の中で唯一ポイント・レインに到達することができたケノービ隊は、仲間から孤立して厳しい消耗戦を強いられていた。レックスたちは今ある戦力だけでポイント・レインを目指すことになったが、道中の峡谷には分離主義勢力のバリケードがそびえ、大量の固定砲台がクローン・トルーパーにレーザーを浴びせかけた。スカイウォーカーとタノがバリケードを登る間、レックスは部下たちと共に固定砲台や壁の上のバトル・ドロイドを狙い撃ちした。. 前者については、遺伝子レベルの設計としていた。これにより、彼らにしてみれば、攻撃命令の対象となった敵を攻撃し、破壊もしくは殺傷することは、呼吸やまばたきと同じ通常の行動でしかなかったとしている。 後者については、バイオチップを製造直後の赤ん坊の時点で埋め込んだから、としている。 このチップは、クローン製造を請け負ったカミーノアンが「反乱の芽を摘み、さらに上官の命令を聞く優秀な兵士にするには、自我や独立心は邪魔である」と判断して、それらを強く抑制するように脳を制御していた。 オリジナルのジャンゴ・フェットが危険な賞金稼ぎとして有名だったという理由もある。.

コメントを追加

サイトに公開する前に、あなたのコメントがモデレートのために送信されます。

© 2020 iamdavidprince.com | 利用規約 | 連絡先 |