花より男子 小説 妊娠

公開日: 01.03.2020

新・天使の微笑み 「花より男子の二次小説オンリー」. 諦める 人はなぜ諦めるのか 諦めなければ次に進めないから 前進できないから 現実を受け止めたとき 受け入れたとき 重圧を解き放つために・・・ でも諦めたときは自分との闘いを放棄したも同然 諦めを微かな希望に変えたとき 人の人生も変わるのかもしれない 諦めると誓いながら 人は微かに希望を抱いているのも現実だ.

こんな時に何かんがえてるんだか 「うん?何?」 自分の身勝手な考えを取り敢えず追い払い笑顔と言う仮面を被る 「うん 出来たものは仕方ないだろう?学校はどうするんだ?」 「なんとかなるでしょ。会社じゃなくて学校だし」 「風当たりは強いぞ?守れるのか?」 「何に変えても守る」 「 つくしは嬉しさで緩んだ顔で涙目の視線をゆっくりと類に合わせる。 「できたの、・・・・・・類・・・できたの」 「できたって、何が?・・・抱きつくくらい嬉しいことなの?」 今進めているQプロジェクトは思ったより順調に事が運んでいると、早朝嬉しそうに話してくれた事を思い出す。だからQプロジェクト関係の事だろうと勝手に思い込み、上着を脱いでソファに腰を下ろした。. またあきらの家に遊びに行ってたつくし それを迎えに来て、迎えの車に乗り込んだ。 何処かそわそわしているつくし まぁ、落ち着いて話せる事でも無いよね 顔に出さない様に内心苦笑する 「どうしたの?顔色悪いよ?」 頬に手をかけてこっちを向かせる ああ、可哀想に、凄く思い詰めた顔してる 自分でしといてなんだけど、可哀想になる 「うん あんまり根拠は無いけどきっと文句は言わないと思う だって籍だって入れるの大丈夫だったし 寧ろつくしが来てからは二人とも楽しそうにしてるんだし

46  45 44 43 42 41 40.

諦める 人はなぜ諦めるのか 諦めなければ次に進めないから 前進できないから 現実を受け止めたとき 受け入れたとき 重圧を解き放つために・・・ でも諦めたときは自分との闘いを放棄したも同然 諦めを微かな希望に変えたとき 人の人生も変わるのかもしれない 諦めると誓いながら 人は微かに希望を抱いているのも現実だ. 新東京医科大付属総合病院から出たつくしは小田が待つ車に乗り込んだ。 「つくし様、何かイイ事でもあったのですか?」 「・・・えッ?」 1時間ほど前に病院に向った時とは明らかにその表情が違っていることに気付いた小田は、バックミラー越しに声を掛けた。 「先ほどまでとは違い、ずいぶんと顔色がよろしいようで・・・  それに嬉しそうにしてらっしゃいますから」 「ああ~。・・・小田さん、人生何があるか分かりませんね」 「・・・はッ?」. 検査が一通り終わって身支度を整えて終えた頃、小野寺はやって来た。 「9週目です。おめでとうございます」 小野寺は微笑んでそう告げた。 つくしは暫し言葉もなく呆然となる。.
  • nifty が提供する 無料ブログはココログ !.
  • 数秒後、ママの猛獣のような雄たけびが家中に響き渡った後、マシンガンのように問い詰められる。 「あんたに子供ができたの!?本当に本当にできたの!?  間違いじゃないわよね!?想像妊娠ってこと、ないわよね!?」 照れくさそうにコクンと頷くつくしを見てママは一気に慶びの表情に変わり、その瞳にはうっすらと涙が滲んでいた。 「つくし、良かったぁ~、良かったね。・・・おめでとう!つくし  このこと花沢さんは知っているの」 「うん、妊娠って分かった日に話したよ  次の日に類のお母さんにも報告した  すごい喜んでた、当然といえば当然なんだけど」 「そりゃあそうよ、普通に子供ができても嬉しいのに  ましてやあんたの場合は特別なんだから、嬉しさも倍増するでしょ  ・・・・・・そう、できたのね、ホントよかったわぁ~」. 母(妊婦)花沢つくし 60年12月28日(23歳) 父    花沢 類 60年3月30日(24歳) 保護者の欄があり、そこにはつくしの手によってしっかりと記入されている。 妊婦の健康状態や妊婦の職業と環境など、この欄にも既に記入済みになっていた。過去に記入することが出来なかったつくしの思いが伝わる。次のページを捲ると妊娠中の経過の欄がある。 類はページを捲りながら複雑な思いに駆られる。.

*それぞれの過去~つくし~*

その夜 類の帰りを待つ間つくしは部屋で懐かしい写真を眺めていた。 真っ青な空の下でたくさんのバラの花が咲き誇るパリの黒崎邸の庭で、類とつくしが満面の笑顔で撮られた17年前の写真。. なんだかんだいって嬉しいんだもんね父さん 「ん、解った。」 これ以上いたら笑い出しそうなのですぐ踵を返した リビングに戻り心配そうにしていたつくしに大丈夫だと報告 母さんは生まれてくる子供の服はどうしよう?とか まだ先なのに楽しそうに話している まさか心臓発作とか? 足を進めようとしたらいきなりばっと立ち上がる 何?と思ったけど聞こえて来た一言に思わず笑いそうになる 「初孫?!でかした類」 ちゃんと驚いた顔できたかな? 「 母さんってそういうキャラだっけ? もちろん俺に気を取られてオタオタとしてるつくしは 勿論、母さんのそんな行動に気付かない 父さんの方を見てみれば きっと家族にしか解らないけど内心で色々考えてるらしい 持っていた新聞を畳んでおくと、立ち上がる 「あなた?」 母さんが少し心配そうに見つめると 「ん、何でも無い、解った、用事を思い出したから ちょっと失礼するよ、すぐ戻る」 と部屋を出て行こうとする つくしの俺の服を掴む力が強くなるのを感じて 「大丈夫だから待ってて」 と微笑んで出て行った父親を追って部屋を出た 出来たものは仕方ないだろう?学校はどうするんだ?」 「なんとかなるでしょ。会社じゃなくて学校だし」 「風当たりは強いぞ?守れるのか?」 「何に変えても守る」 「 泣かないで、言ってみて」 「

ここでは、『花より男子』の二次小説を書いております。 CPは主に類×つくしにします。

バカみたいに溺れてるのかも あきらと付き合う様になった司の元婚約者 検査が一通り終わって身支度を整えて終えた頃、小野寺はやって来た。 「9週目です。おめでとうございます」 小野寺は微笑んでそう告げた。 つくしは暫し言葉もなく呆然となる。. 泣かないで、言ってみて」 「

訪問ありがとうございます!

出来たものは仕方ないだろう?学校はどうするんだ?」 「なんとかなるでしょ。会社じゃなくて学校だし」 「風当たりは強いぞ?守れるのか?」 「何に変えても守る」 「 なんだかんだいって嬉しいんだもんね父さん 「ん、解った。」 これ以上いたら笑い出しそうなのですぐ踵を返した リビングに戻り心配そうにしていたつくしに大丈夫だと報告 母さんは生まれてくる子供の服はどうしよう?とか まだ先なのに楽しそうに話している 出来る事は出来るだけ自分でしなさい、だが、 何かあったら無理はするな、頼って来なさい」 母さんってそういうキャラだっけ? もちろん俺に気を取られてオタオタとしてるつくしは 勿論、母さんのそんな行動に気付かない 父さんの方を見てみれば きっと家族にしか解らないけど内心で色々考えてるらしい 持っていた新聞を畳んでおくと、立ち上がる 「あなた?」 母さんが少し心配そうに見つめると 「ん、何でも無い、解った、用事を思い出したから ちょっと失礼するよ、すぐ戻る」 と部屋を出て行こうとする つくしの俺の服を掴む力が強くなるのを感じて 「大丈夫だから待ってて」 と微笑んで出て行った父親を追って部屋を出た

  • きっと大丈夫だと思う 「大丈夫。なんとでもなるよ」
  • 数秒後、ママの猛獣のような雄たけびが家中に響き渡った後、マシンガンのように問い詰められる。 「あんたに子供ができたの!?本当に本当にできたの!?  間違いじゃないわよね!?想像妊娠ってこと、ないわよね!?」 照れくさそうにコクンと頷くつくしを見てママは一気に慶びの表情に変わり、その瞳にはうっすらと涙が滲んでいた。 「つくし、良かったぁ~、良かったね。・・・おめでとう!つくし  このこと花沢さんは知っているの」 「うん、妊娠って分かった日に話したよ  次の日に類のお母さんにも報告した  すごい喜んでた、当然といえば当然なんだけど」 「そりゃあそうよ、普通に子供ができても嬉しいのに  ましてやあんたの場合は特別なんだから、嬉しさも倍増するでしょ  ・・・・・・そう、できたのね、ホントよかったわぁ~」.
  • 大丈夫だからと何度も繰り返して抱きしめた 食後のリビング 俺とつくしがソファに並んで座ってテーブルの向こうに母さん 離れた所で父さんが一人椅子で新聞を読んでる 「今日はあんまりご飯食べてなかったけど体調でも悪いの?」 母さんがつくしの隣に立って額に手を当てて首を傾ける その行動につくしの動きが止まる
  • まさか心臓発作とか? 足を進めようとしたらいきなりばっと立ち上がる 何?と思ったけど聞こえて来た一言に思わず笑いそうになる 「初孫?!でかした類」

60122823       6033024.    46  45 44 43 42 41 40.

この作品の前後に投稿された作品

中絶させるつもりは無いから」 一応先に牽制はかけておく 「まぁ なんだ?」 さっきまでの姿を感じさせない父親 笑いそうなのを堪えて本題を切り出す まぁ、さっきので反対されてないってのは解ったけど 「反対?」 「 名前忘れたけど。 彼女に誘われてあきらの家によく遊びに行ったりして 迎えに行ってみたら、あきらと楽しそうにしていた姿を見て またムクムクと頭を擡げてきた嫉妬と独占欲と恐怖心 俺の中の黒い感情が何もかもぐちゃぐちゃに混ぜ合わさって 自分でも怖い位冷静に、ある意味意識の底辺で考えてた計画 気付いてたら自分でも気付かないうちに実行に移してた やっぱり父さんには反対されるかな?と思いながら 少し重い気分で廊下を進んで父さんの書斎へと足を進める 廊下を曲がろうとするとふと人の気配を感じて歩みを止めた そっと廊下を覗いてみると父さんが座り込んでて 肩がフルフルと震えている

Bride of saintly Dejavu Heart always in you 5 PURE ANGEL[]12 PURE ANGEL[1]15 PURE ANGEL[2]16 PURE ANGEL[3]15 Sweet one day 5 1120 110 2130 3140 41 6 6花より男子 小説 妊娠.

知っておきたい:

コメント

  1. 諦める 人はなぜ諦めるのか 諦めなければ次に進めないから 前進できないから 現実を受け止めたとき 受け入れたとき 重圧を解き放つために・・・ でも諦めたときは自分との闘いを放棄したも同然 諦めを微かな希望に変えたとき 人の人生も変わるのかもしれない 諦めると誓いながら 人は微かに希望を抱いているのも現実だ. 母さんってそういうキャラだっけ? もちろん俺に気を取られてオタオタとしてるつくしは 勿論、母さんのそんな行動に気付かない 父さんの方を見てみれば きっと家族にしか解らないけど内心で色々考えてるらしい 持っていた新聞を畳んでおくと、立ち上がる 「あなた?」 母さんが少し心配そうに見つめると 「ん、何でも無い、解った、用事を思い出したから ちょっと失礼するよ、すぐ戻る」 と部屋を出て行こうとする つくしの俺の服を掴む力が強くなるのを感じて 「大丈夫だから待ってて」 と微笑んで出て行った父親を追って部屋を出た
  2. 出来る事は出来るだけ自分でしなさい、だが、 何かあったら無理はするな、頼って来なさい」 恥の公開。上の走り書きみたいなのが元ネタ アホですみません でも書いてみたら色々と付け足したりで意外と長くなってしまい
  3. 孫は子よりも可愛いんだろうか 一人はしゃぐ母さんを放置して色々話していたら 父さんも戻って母さんと話し込んでる..

コメントを追加

サイトに公開する前に、あなたのコメントがモデレートのために送信されます。

© 2020 iamdavidprince.com | 利用規約 | 連絡先 |