カオスブレイカー・ ドラゴン

公開日: 08.08.2020

リミットブレイク が有効化していれば 《星輝兵 カオスブリンガー》 の 相手 の メインフェイズ 開始時の 能力 で 山札 からこの カード を スペリオルライド することもできるので、特化したタイプであればこの カード を ライド できないということはまずないだろう。. ヴァンガードG Z 喜多村英梨 - 「G NEXT 」以降の担当 声優 リンクジョーカー リバース カードファイト!!

さらに 追加効果 として、相手の ダメージ ゾーン が4以下ならば呪縛 カード を1枚裏で ダメージ ゾーン に 叩き 込むことが可 能 。 ダメージ ゾーン に裏で置く除去は、 ダメージ トリガー が使えず、 エンジェルフェザー 以外での再利用が望めず、 カウンター コスト も稼げない 最強 の除去であり、この カード が登場するまでは、 ディメンジョンポリス に存在する達成が非 現実 的な 《 超 宇宙 勇機 エクス ファルコン 》 以来となる。 多少の制約こそあるが、同 カード より 明らか に コスト も条件も軽い。 さすがに効果だけで相手を倒すことはできないが、除去が発生した上に ダメージ を増やされると、不利な ダメージ 差になってもすぐ追いつくことが可 能 となっている。.

その後、 完 全開放が間近となった 黒 輪の ゲート を通して、 指揮官 級のこの ユニット がク レイ から 地球 に顕現しかける。 が、 指揮官 であるがためか、その場から動くことなく、 ゲート 崩壊と共に消え失せてしまった。. そんなほぼ単独Tier1に近い状態であったが、流石に公式もこれはやりすぎたと判断したのか、「究極超越」では自軍の「サークル上のカード」を盤面から排除するカードや、「抵抗」を持ったカードが多数登場し、一気にメタられる憂き目にあった。 更にこの時点ではゼロスドラゴンが存在しないクランだったので、カードプールも差を開けられ(これはリンクジョーカーに限った話ではないが)、更にプレイング面でも「G3ライドターンより前に自分の盤面のカードを全て消す」ことで先にG3に乗ったときに手を出せないようにされたりと、ことごとく環境とかみ合わなくなっていった。 R用G3が当たり前に配られている環境下で、リミットブレイク環境期のカードがサブVを務めている、というのも時代に取り残されていた感じは否めない。 そんな見ようによってはフルボッコな状態でなおも一定数使用者がいたし、大会によっては成果を残していたのだからいかにそのカードパワーが凄まじかったかわかる 。.

再録時の フレイ バー テキスト の「フヒャハハハ!」という哄笑は、かつて 提供 されていた ソーシャルゲーム 「 惑星 大戦」にて カオスブレイカー が放っていた 台詞 である。 公式 設定として 逆輸入 を果たした。 アニメ 「GZ」13話でもそれっぽい哄笑が放たれている。. なお、この カオスブレイカー の クローン が変化した成れの果ての姿が 《 星 輝 兵 カオスブレイカー ・ クライシス 》 や 《 星 輝 兵 カオスブレイカー ・ クローズ 》 である。 カオスブレイカー は、先述の通り自身の望む 未来 以外の全ての 未来 を破壊することでより強 力 な 力 を手に入れたのである。.

ヴァンガード Wiki All Rights Reserved.

3 1.   3  00  1  V[ ] V 1 [ SB 1 ] R. R 1 .

Powered by PukiWiki.
  • しかも、「星輝兵」のグレード2以下のカードには「相手の呪縛カードがあること」が要件になっている能力持ちが多い。というか基本全員コレ。 その為、ローコストで呪縛を行えるということはそれら配下のユニットとも強くシナジーするということである。 他の「星輝兵」指揮官から嫌われているという設定どこいった 。.
  • ただ、 ダメージゾーン の表の カード や ソウル の「 星輝兵 」の カード が枯渇するとただの パワー バニラ となる。   《混迷の星輝兵 ジンク》 でそれらを補充するか、そうなる前にフィニッシュを決めるようにする、最悪 Gユニット を 超越 して切り替えられるようにしたいところ。. つまり「 手札 1枚で 左列 か 右列 のいずれかの」 縦列 1つにいる ユニット の アタック を防止」という、 ガード の先払いのような形になり、 コスト には十分見合った 効果 が得られる。  また リミットブレイク が有効であれば次の ターン の エンドフェイズ に ドロー できるため、 カード の消費も取り返すことができる。.

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ノーマル ユニット クラン : リンクジョーカー   種族: サイバードラゴン グレー ド: 3  パワー : 00  クリティカル : 1  シールド : なし 効果: 自 【V】:[あなたの手札から「 星 輝 兵」を含む カード を1枚選び、捨てる] この ユニット が V に登場した時か、あなたの「 星 輝 兵」を元々含む Gユニット が【 超 越】した時、 コスト を払ってよい。払ったら、【 ソウル チャージ】 1 し、相手の リア ガード を1枚選び、呪縛する。 自 :[【 SB 1 】] この カード を手札から捨てた時、あなたの「 カオス 」を含む ハーツ カード があるなら、 コスト を払ってよい。払ったら、相手は自分の手札から1枚選び、 R に呪縛 カード として置く。. ヴァンガードのユニット一覧 ファンサービス. オリジナルが持っていた相手のエンドフェイズ中に解呪された相手のリアガードをコストが続く限り退却させることができる爆発力は失われたが、代わりに呪縛能力は超越と両立可能となり、更には退却効果にあるギミックが加えられたいわば調整版と言えるカード。 第一の能力は相手が選んでの呪縛。相手が選ぶので呪縛の質自体は下がっているものの、「星輝兵」のGユニットが超越した時にも発動するので、先攻5ターン目以降でも発動できる点が強みと言える。何気に手札コストがなくなっているのも嬉しいところ。 更に、欠点として「相手が選ぶ」と書いたが、「混沌と救世の輪舞」収録の「星輝兵」は同様に相手が選ぶ代わりにコストが下がっているカードが多数収録されている。結果、それらを連発して最終的に V と G を除く相手のフィールドの全面呪縛サークル化 を達成することが非常に容易となっている(というより、それを目指していくのがコンセプトである)。 つまり、相手が選んでも実のところそんなに関係がない。むしろ、「自分で呪縛カードを選ぶ」という希望を相手に与え、その後更に呪縛を重ねることで、結果その希望を無意味にして絶望させるという彼のスタンスを如実に表した悪質なスキルであると言える。 なお、見落としがちだが「星輝兵」を元々含まないGユニットが超越した時には呪縛は行えないので注意。.

ヴァンガード カードファイト!! 歴戦のユニットたちを次々と反転させた。 設定にもある通り、本来の受け持ちはズーとメガラニカだったが、最終的にはドラゴンエンパイアにまで乗り込んでいる。 受け持ちではない国の戦士"も"、どころか管轄外の国の戦士ばかり手にかけている気がするが気にしてはいけない。 メガラニカに至っては何もしてないし.

Wiki All Rights Reserved. R 1カオスブレイカー・ ドラゴン. 112 11 ? The GALAXY STAR GATE G. G Z - G NEXT !.

おすすめ!ヴァンガードくじ!

コスト としては軽いわけではないが、 《伴星の星輝兵 フォトン》 や 《星輝兵 コロニーメイカー》 などの 相手 の 呪縛カード の存在を 要件 とする 能力 、そして 自動能力 との相性も抜群であるというのが非常に強力である。   呪縛 手段をこれだけに任せるには辛いが、要所を見極めて使う分には優秀である。.

そんなほぼ単独Tier1に近い状態であったが、流石に公式もこれはやりすぎたと判断したのか、「究極超越」では自軍の「サークル上のカード」を盤面から排除するカードや、「抵抗」を持ったカードが多数登場し、一気にメタられる憂き目にあった。 更にこの時点ではゼロスドラゴンが存在しないクランだったので、カードプールも差を開けられ(これはリンクジョーカーに限った話ではないが)、更にプレイング面でも「G3ライドターンより前に自分の盤面のカードを全て消す」ことで先にG3に乗ったときに手を出せないようにされたりと、ことごとく環境とかみ合わなくなっていった。 R用G3が当たり前に配られている環境下で、リミットブレイク環境期のカードがサブVを務めている、というのも時代に取り残されていた感じは否めない。 そんな見ようによってはフルボッコな状態でなおも一定数使用者がいたし、大会によっては成果を残していたのだからいかにそのカードパワーが凄まじかったかわかる 。.

北 米 支部の ゼロスドラゴン 争奪戦においては、因縁のある 櫂トシキ と 先導アイチ を誘導し、2 vs 1の不利な ファイト を自ら申し出る。その タイミング から、 世界 に 異常 が発生しはじめる。 その ファイト にて敗れ、 ノア の身体から追放されるものの、霊体となった自らの魂を使って、時 空 の狭間に存在する レリクス を 再起動 。これにより本来の カオスブレイカー 自体は 完 全に消滅することになるが……実は カオスブレイカー は クローン を 惑星 ク レイ に遺し、未だ健在であった。.

ただ、 ダメージゾーン の表の カード や ソウル の「 星輝兵 」の カード が枯渇するとただの パワー バニラ となる。   《混迷の星輝兵 ジンク》 でそれらを補充するか、そうなる前にフィニッシュを決めるようにする、最悪 Gユニット を 超越 して切り替えられるようにしたいところ。.

Wiki. 1 1 .

絶禍繚乱 で収録された グレード 3の リンクジョーカー 。. オリジナルが持っていた相手のエンドフェイズ中に解呪された相手のリアガードをコストが続く限り退却させることができる爆発力は失われたが、代わりに呪縛能力は超越と両立可能となり、更には退却効果にあるギミックが加えられたいわば調整版と言えるカード。 第一の能力は相手が選んでの呪縛。相手が選ぶので呪縛の質自体は下がっているものの、「星輝兵」のGユニットが超越した時にも発動するので、先攻5ターン目以降でも発動できる点が強みと言える。何気に手札コストがなくなっているのも嬉しいところ。 更に、欠点として「相手が選ぶ」と書いたが、「混沌と救世の輪舞」収録の「星輝兵」は同様に相手が選ぶ代わりにコストが下がっているカードが多数収録されている。結果、それらを連発して最終的に V と G を除く相手のフィールドの全面呪縛サークル化 を達成することが非常に容易となっている(というより、それを目指していくのがコンセプトである)。 つまり、相手が選んでも実のところそんなに関係がない。むしろ、「自分で呪縛カードを選ぶ」という希望を相手に与え、その後更に呪縛を重ねることで、結果その希望を無意味にして絶望させるという彼のスタンスを如実に表した悪質なスキルであると言える。 なお、見落としがちだが「星輝兵」を元々含まないGユニットが超越した時には呪縛は行えないので注意。.

HTML convert time: 0. 二つ目の能力はリミットブレイクが有効になることで使えるようになる自動能力。 相手の呪縛カードがルールで解呪されるとエスペシャルソウルブラスト 1 でそのユニットを退却させ、しかもドローまでできる。 このユニットが呪縛を扱う場合は手札コストを要するため、それを回収しながらしかも相手にディスアドバンテージを強要できるのは言うまでもなく強力な能力である。 しかもこの能力、1ターン内での誘発回数に 制限がない 。つまり、相手のエンドフェイズ中に相手の呪縛カードが複数解呪され、しかもこちらのソウルに「星輝兵」が残っているならば 大量退却と大量ドローが可能なのである 。. これまで「カオス」軸では細かく消耗されていたカウンターブラストを使わず、更には相手の手札を2枚持っていける。そして極めつけが相手のダメージゾーンが4枚以下なら発生する 呪縛カードのダメージゾーン送り 。相手の呪縛カードを除去する、という点だけを見れば、呪縛カードの枚数が減るわ、ユニットのいないリアガードサークルができるわで、はっきり言ってデメリットとなる。しかし、その呪縛カードの行き先はダメージゾーン。しかもカウンターブラストというリソースを与えない 裏向きのままでである 。つまり、相手はダメージゾーンが5枚になるまでは彼によってもたらされる呪縛カードのダメージゾーン送りをどう足掻いても防げない。しかも手札を2枚奪うため、敵のシールドを削ぐこともできる。これまでの「カオス」にはなかった攻撃的なユニットであると言えるだろう。.

R 1. 3 1. 112 11. Powered by PukiWiki. Tier1 G3G3 RG3V. The カオスブレイカー・ ドラゴン of Steel Vol.

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

HTML convert time: 0. 単体でパワーにアタックすることができるので、手数要員として優秀で、下の能力もコスト付きではあるものの非常に強力。 《伴星の星輝兵 フォトン》とは役割が被るが、枠はあまり競合しない。というか、両方ツッコめるか。むしろ《落日の刀身 ダスクブレード》など他の枠と競合している。グレード3の内訳にどの程度カオスを入れるかで枠を考えると良いだろう。. そして、解呪時の効果が元とは大きく変わっていることに注意。 実質1 ターン 1回しか使えないものの、元と違い 一切の コスト なしに アドバン テージが得られ 、発動 タイミング は好きに選ぶことができ、何より 「解呪」される タイミング への 指 定がない 。 単純な アドバン テージ獲得量では劣るが、 エンド フェ イズ 以外の自発的な解呪に反応できるので、呪縛の メタ カード に対して強気に出ることができる。 同じ リンクジョーカー の「 メサイア 」軸や 《 アース エレメンタル ポックル》 、そしてこの カード 登場以降見え出した各 クラン への解呪 サポート カード に対して強気に出ることができるようになり、対応 力 が増した。 爆発 力 は「 カオスブレイカー ・ ドラゴン 」、広く戦えるのは「 クライシス 」と、当初は相手の戦術に応じて使い分けを 求 められる立場だったが、解呪可 能 な クラン が増えたことで相対的に「 クライシス 」の立場が強くなり、 現在 は「 クライシス 」が 主 流となっている。.

これまで「カオス」軸では細かく消耗されていたカウンターブラストを使わず、更には相手の手札を2枚持っていける。そして極めつけが相手のダメージゾーンが4枚以下なら発生する 呪縛カードのダメージゾーン送り 。相手の呪縛カードを除去する、という点だけを見れば、呪縛カードの枚数が減るわ、ユニットのいないリアガードサークルができるわで、はっきり言ってデメリットとなる。しかし、その呪縛カードの行き先はダメージゾーン。しかもカウンターブラストというリソースを与えない 裏向きのままでである 。つまり、相手はダメージゾーンが5枚になるまでは彼によってもたらされる呪縛カードのダメージゾーン送りをどう足掻いても防げない。しかも手札を2枚奪うため、敵のシールドを削ぐこともできる。これまでの「カオス」にはなかった攻撃的なユニットであると言えるだろう。.

3  00  1  V[ ] V 1 [ SB 1 ] R. Wiki!

知っておきたい:

コメント

  1. ノーマル ユニット クラン : リンクジョーカー   種族: サイバードラゴン グレー ド: 3  パワー : 00  クリティカル : 1  シールド : なし 効果: 自 【V】:[あなたの手札から「 星 輝 兵」を含む カード を1枚選び、捨てる] この ユニット が V に登場した時か、あなたの「 星 輝 兵」を元々含む Gユニット が【 超 越】した時、 コスト を払ってよい。払ったら、【 ソウル チャージ】 1 し、相手の リア ガード を1枚選び、呪縛する。 自 :[【 SB 1 】] この カード を手札から捨てた時、あなたの「 カオス 」を含む ハーツ カード があるなら、 コスト を払ってよい。払ったら、相手は自分の手札から1枚選び、 R に呪縛 カード として置く。.

コメントを追加

サイトに公開する前に、あなたのコメントがモデレートのために送信されます。

© 2020 iamdavidprince.com | 利用規約 | 連絡先 |