ホラー 体験 談

公開日: 03.03.2020

東京都 学生 尾下 仁(19)(仮名) この話をすると、聞いた人は皆、大爆笑するので、あまり話したくないのですが・・・。 僕にとっては、人生で一番怖い経験だったんです。 それは、高校2年生の秋のことでした。 ウチの高校では、高2の秋に修学旅行に行くのが慣例で、僕たちもその年、沖縄本島へ行くことになり […]. 岡山県 主婦 藤井 愛(38)(仮名) 私が小学校2年生の時の体験談です。 その頃私は、岡山県の山の中に暮らしていました。 隣の民家まで優に200メートルはあるような、正真正銘の田舎です。 学校に通うのも、行きは下り坂なので40分ほどですが、帰りは登り坂を1時間近くかけて毎日通っていました。 ある日 […]. 電車ごっこ 東京都 会社員 岩田 晶子(24)(仮名) 去年の秋、とても変な夢を見ました。 朝、いつものように、家から歩いて最寄り駅へ向かっていた時のことです。 交差点で信号待ちをしていると、歩道の右側から『電車ごっこ』の列が来ました。 ロープの先頭には、いつも利用する鉄道会社の制服を着た運転士さんがいて、一番 […] 続きを読む.

ファミレスのデリバリーをやっていますが、デリバリースタッフ間で「要注意」の配送先があります。 そこは10F建ての公団住宅で、いかにも昔ながらの"団地"といった風情の建物です。 実はこの団地、知る人ぞ知る心霊スポット。 屋上に簡単に侵入できたため飛び降り自殺が集中してしまい、ついには厳重に施錠されることになったそうです。 自分が体験したのは、昨年のことです。 それは夏の日曜日、時間にして22時頃の配送でした。2件分の注文を終え、ラスト1件の配送が件の団地の8階でした。 注文をお届けし、帰りのエレベータを待っていたのですが…一向にのぼって来ない。ランプは1Fに止まったまま、動く気配がありません。 「引っ越しかな?」と思い、10分ほど待ってはみたのですが、あきらめて外階段で降りることにしました。 最初は普通に降りていたのですが、2階分ほど過ぎたあたりで、強烈な違和感を感じました。自分はスニーカーなので靴音は小さいはずなのに、妙に音が響くのです。 注意しながら降りてみると……靴音が多い?自分の足音と少しずれたテンポで、もう一つ足音が聞こえた気がしました。 外階段への扉があいた音は記憶にないし、前後左右、人の姿はどこにもありません。 気のせいだと思いつつも、気味が悪いので駆け足になります。そうしてスピードがあがると自分の足音も大きくなりますが、次第に もう一つの足音もハッキリと聞こえるようになりました。半分ほど降りたあたりからは、もう明らかにスニーカーではない固い靴音が カン、カン、カン…とすぐ隣で響いていました。パニックになりつつ、とにかく足を早めて何とか下までたどり着きました。 最後の一段を駆け降りようとしたその時です。はっきりと足音を響かせ、目に見えない「誰か」が笑いながら自分の脇をすりぬけていきました。 女性か子供のような、高い声でした。 自分がはっきりと体験したのはその時だけですが、未だにデリバリースタッフの間では、廊下で見た、エレベータで見た、声を聴いた…と、体験談が後をたちません。 (配送・デリバリー系/30代・男性).

神奈川県 会社員 田原 リナ(21)(仮名) 3年前の夏のことです。 同棲していた彼は「ケンジ」と言う名前で、私とは中学校からの同級生でした。 中学卒業後、私は女子校、ケンジは男子校に進学したのですが、高1の夏頃に偶然再会したことから交際が始まり、高校を卒業して就職したのをきっかけに、県内のアパート […]. 予想外バイト裏話!まんがで読むみんなのアルバイト体験談 vol. 東京都 学生 尾下 仁(19)(仮名) この話をすると、聞いた人は皆、大爆笑するので、あまり話したくないのですが・・・。 僕にとっては、人生で一番怖い経験だったんです。 それは、高校2年生の秋のことでした。 ウチの高校では、高2の秋に修学旅行に行くのが慣例で、僕たちもその年、沖縄本島へ行くことになり […]. お姉ちゃんの部屋 長野県 高校生 丸山 佑輔(17)(仮名) 半年ほど前、友人Aの家に遊びに行った時の話です。 Aは、中学校からの同級生で、同じ市内の高校に進学してからも、良く一緒に遊びに行く仲でした。 小遣いがある時はカラオケに行ったりもしましたが、金欠になると、僕の家で過ごすことが多く、いつも他愛もない話で盛り上 […] 続きを読む.

東京都 主婦 横山 陽菜(37)(仮名) 2年前の冬、以前から病気療養していた母が亡くなりました。 私は悲しみに暮れながら、家主を失った千葉の実家で、遺品の整理に追われていました。 思い出の品々を処分するのは本当に心が痛みましたが、私の家は都内の狭いマンションですので、すべてを引き取ることができなか […]. 電車ごっこ 東京都 会社員 岩田 晶子(24)(仮名) 去年の秋、とても変な夢を見ました。 朝、いつものように、家から歩いて最寄り駅へ向かっていた時のことです。 交差点で信号待ちをしていると、歩道の右側から『電車ごっこ』の列が来ました。 ロープの先頭には、いつも利用する鉄道会社の制服を着た運転士さんがいて、一番 […] 続きを読む.

33 […].    21 3 1 […]. 10F"". 22218 …1F 10 2 …… … … 30, ホラー 体験 談. author. 10F"" 22218 …1F 10 2 …… … … 30!

山梨県 主婦 藤野 伊依(33)(仮名) 私が小学4年生の時、美知子ちゃんという女の子が転校して来ました。 初めのうちは、割と皆んなの中に溶け込んで、私も仲が良かったのですが、しばらくすると、彼女の変わった「癖」のせいで、クラスの皆んなから距離を置かれる様になって来ました。 彼女の「癖」とは、「私に […]. お姉ちゃんの部屋 長野県 高校生 丸山 佑輔(17)(仮名) 半年ほど前、友人Aの家に遊びに行った時の話です。 Aは、中学校からの同級生で、同じ市内の高校に進学してからも、良く一緒に遊びに行く仲でした。 小遣いがある時はカラオケに行ったりもしましたが、金欠になると、僕の家で過ごすことが多く、いつも他愛もない話で盛り上 […] 続きを読む. 電車ごっこ 東京都 会社員 岩田 晶子(24)(仮名) 去年の秋、とても変な夢を見ました。 朝、いつものように、家から歩いて最寄り駅へ向かっていた時のことです。 交差点で信号待ちをしていると、歩道の右側から『電車ごっこ』の列が来ました。 ロープの先頭には、いつも利用する鉄道会社の制服を着た運転士さんがいて、一番 […] 続きを読む.
  • 新着順 人気順 不思議.
  • All Rights Reserved.

著作権保護にご協力ください!

神奈川県 会社員 水野 芳恵(34)(仮名) これは、疎遠だった親友の紗和子から、13年ぶりに連絡があった時に体験した、ちょっと気味の悪い話です。 紗和子とは高校からの付き合いで、社会人になってからもずっと、お互いが生活の一部のような存在でした。 彼女には、高校2年の頃から交際していた、8歳年上の彼 […]. 岡山県 主婦 藤井 愛(38)(仮名) 私が小学校2年生の時の体験談です。 その頃私は、岡山県の山の中に暮らしていました。 隣の民家まで優に200メートルはあるような、正真正銘の田舎です。 学校に通うのも、行きは下り坂なので40分ほどですが、帰りは登り坂を1時間近くかけて毎日通っていました。 ある日 […].

神奈川県 会社員 松本 健二(21)(仮名) 3年前の夏のことです。 同棲していた彼女は「リナ」と言う名前で、私とは中学校からの同級生でした。 中学卒業後、私は男子校、リナは女子校に進学したのですが、高1の夏頃に偶然再会したことから交際が始まり、高校を卒業して就職したのをきっかけに、県内のアパートで […]. 親友の人形 神奈川県 会社員 水野 芳恵(34)(仮名) これは、疎遠だった親友の紗和子から、13年ぶりに連絡があった時に体験した、ちょっと気味の悪い話です。 紗和子とは高校からの付き合いで、社会人になってからもずっと、お互いが生活の一部のような存在でした。 彼女には、高校2年の頃から交際していた、8歳年上の彼 […] 続きを読む. 東京都 学生 尾下 仁(19)(仮名) この話をすると、聞いた人は皆、大爆笑するので、あまり話したくないのですが・・・。 僕にとっては、人生で一番怖い経験だったんです。 それは、高校2年生の秋のことでした。 ウチの高校では、高2の秋に修学旅行に行くのが慣例で、僕たちもその年、沖縄本島へ行くことになり […].

新着順 人気順 不思議.

19 […].    24 […].    34 […].    24 […]?

ほんとにあった怖い話をまとめました

近所のコンビニエンスストアで夜勤勤務をしています。うちのコンビニは、ひそかに『出る』という噂があります。特に深夜勤務のスタッフはよく遭遇するらしく、 「バックヤードの防犯カメラモニターでは客が映っているのに、店頭に出ると誰もいない」 「自動ドアには反応がないのに、来店チャイムだけ鳴った」 「雨の夜、掃除したての入口が目を離したすきに濡れている」 などなど。モニターで目撃したスタッフは「女性だった」と証言していますが、「品出しの最中に男性の足を見た」という情報もあります。. 自分が体験したのは、昨年のことです。 それは夏の日曜日、時間にして22時頃の配送でした。2件分の注文を終え、ラスト1件の配送が件の団地の8階でした。 注文をお届けし、帰りのエレベータを待っていたのですが…一向にのぼって来ない。ランプは1Fに止まったまま、動く気配がありません。 「引っ越しかな?」と思い、10分ほど待ってはみたのですが、あきらめて外階段で降りることにしました。 最初は普通に降りていたのですが、2階分ほど過ぎたあたりで、強烈な違和感を感じました。自分はスニーカーなので靴音は小さいはずなのに、妙に音が響くのです。 注意しながら降りてみると……靴音が多い?自分の足音と少しずれたテンポで、もう一つ足音が聞こえた気がしました。 外階段への扉があいた音は記憶にないし、前後左右、人の姿はどこにもありません。 気のせいだと思いつつも、気味が悪いので駆け足になります。そうしてスピードがあがると自分の足音も大きくなりますが、次第に もう一つの足音もハッキリと聞こえるようになりました。半分ほど降りたあたりからは、もう明らかにスニーカーではない固い靴音が カン、カン、カン…とすぐ隣で響いていました。パニックになりつつ、とにかく足を早めて何とか下までたどり着きました。 最後の一段を駆け降りようとしたその時です。はっきりと足音を響かせ、目に見えない「誰か」が笑いながら自分の脇をすりぬけていきました。 女性か子供のような、高い声でした。 自分がはっきりと体験したのはその時だけですが、未だにデリバリースタッフの間では、廊下で見た、エレベータで見た、声を聴いた…と、体験談が後をたちません。 (配送・デリバリー系/30代・男性).

お姉ちゃんの部屋 長野県 高校生 丸山 佑輔(17)(仮名) 半年ほど前、友人Aの家に遊びに行った時の話です。 Aは、中学校からの同級生で、同じ市内の高校に進学してからも、良く一緒に遊びに行く仲でした。 小遣いがある時はカラオケに行ったりもしましたが、金欠になると、僕の家で過ごすことが多く、いつも他愛もない話で盛り上 […] 続きを読む.

Copyright C Indival, Inc.    33 […]. 24 […].    34 […] .

予想外バイト裏話!まんがで読むみんなのアルバイト体験談 vol. 親友の人形 神奈川県 会社員 水野 芳恵(34)(仮名) これは、疎遠だった親友の紗和子から、13年ぶりに連絡があった時に体験した、ちょっと気味の悪い話です。 紗和子とは高校からの付き合いで、社会人になってからもずっと、お互いが生活の一部のような存在でした。 彼女には、高校2年の頃から交際していた、8歳年上の彼 […] 続きを読む. 会社概要 利用規約 プライバシーポリシー Copyright C Indival, Inc.

自分が体験したのは、昨年のことです。 それは夏の日曜日、時間にして22時頃の配送でした。2件分の注文を終え、ラスト1件の配送が件の団地の8階でした。 注文をお届けし、帰りのエレベータを待っていたのですが…一向にのぼって来ない。ランプは1Fに止まったまま、動く気配がありません。 「引っ越しかな?」と思い、10分ほど待ってはみたのですが、あきらめて外階段で降りることにしました。 最初は普通に降りていたのですが、2階分ほど過ぎたあたりで、強烈な違和感を感じました。自分はスニーカーなので靴音は小さいはずなのに、妙に音が響くのです。 注意しながら降りてみると……靴音が多い?自分の足音と少しずれたテンポで、もう一つ足音が聞こえた気がしました。 外階段への扉があいた音は記憶にないし、前後左右、人の姿はどこにもありません。 気のせいだと思いつつも、気味が悪いので駆け足になります。そうしてスピードがあがると自分の足音も大きくなりますが、次第に もう一つの足音もハッキリと聞こえるようになりました。半分ほど降りたあたりからは、もう明らかにスニーカーではない固い靴音が カン、カン、カン…とすぐ隣で響いていました。パニックになりつつ、とにかく足を早めて何とか下までたどり着きました。 最後の一段を駆け降りようとしたその時です。はっきりと足音を響かせ、目に見えない「誰か」が笑いながら自分の脇をすりぬけていきました。 女性か子供のような、高い声でした。 自分がはっきりと体験したのはその時だけですが、未だにデリバリースタッフの間では、廊下で見た、エレベータで見た、声を聴いた…と、体験談が後をたちません。 (配送・デリバリー系/30代・男性).

author.    21 3 1 […]. vol.    33 […].    24 […] ジョジョ イギー スタンド    34 […].    17 A A […].    33 […]. All Rights Reserved.

Copyright C Indival, Inc. ウソつきみっちゃん 山梨県 主婦 藤野 伊依(33)(仮名) 私が小学4年生の時、美知子ちゃんという女の子が転校して来ました。 初めのうちは、割と皆んなの中に溶け込んで、私も仲が良かったのですが、しばらくすると、彼女の変わった「癖」のせいで、クラスの皆んなから距離を置かれる様になって来ました。 彼女の「癖」とは、「私に […] 続きを読む. ファミレスのデリバリーをやっていますが、デリバリースタッフ間で「要注意」の配送先があります。 そこは10F建ての公団住宅で、いかにも昔ながらの"団地"といった風情の建物です。 実はこの団地、知る人ぞ知る心霊スポット。 屋上に簡単に侵入できたため飛び降り自殺が集中してしまい、ついには厳重に施錠されることになったそうです。 自分が体験したのは、昨年のことです。 それは夏の日曜日、時間にして22時頃の配送でした。2件分の注文を終え、ラスト1件の配送が件の団地の8階でした。 注文をお届けし、帰りのエレベータを待っていたのですが…一向にのぼって来ない。ランプは1Fに止まったまま、動く気配がありません。 「引っ越しかな?」と思い、10分ほど待ってはみたのですが、あきらめて外階段で降りることにしました。 最初は普通に降りていたのですが、2階分ほど過ぎたあたりで、強烈な違和感を感じました。自分はスニーカーなので靴音は小さいはずなのに、妙に音が響くのです。 注意しながら降りてみると……靴音が多い?自分の足音と少しずれたテンポで、もう一つ足音が聞こえた気がしました。 外階段への扉があいた音は記憶にないし、前後左右、人の姿はどこにもありません。 気のせいだと思いつつも、気味が悪いので駆け足になります。そうしてスピードがあがると自分の足音も大きくなりますが、次第に もう一つの足音もハッキリと聞こえるようになりました。半分ほど降りたあたりからは、もう明らかにスニーカーではない固い靴音が カン、カン、カン…とすぐ隣で響いていました。パニックになりつつ、とにかく足を早めて何とか下までたどり着きました。 最後の一段を駆け降りようとしたその時です。はっきりと足音を響かせ、目に見えない「誰か」が笑いながら自分の脇をすりぬけていきました。 女性か子供のような、高い声でした。 自分がはっきりと体験したのはその時だけですが、未だにデリバリースタッフの間では、廊下で見た、エレベータで見た、声を聴いた…と、体験談が後をたちません。 (配送・デリバリー系/30代・男性).

神奈川県 会社員 松本 健二(21)(仮名) 3年前の夏のことです。 同棲していた彼女は「リナ」と言う名前で、私とは中学校からの同級生でした。 中学卒業後、私は男子校、リナは女子校に進学したのですが、高1の夏頃に偶然再会したことから交際が始まり、高校を卒業して就職したのをきっかけに、県内のアパートで […].

21 3 1 […].    38 […]. 10F"" 22218 …1F 10 2 …… … … 30.

知っておきたい:

コメント

コメントを追加

サイトに公開する前に、あなたのコメントがモデレートのために送信されます。

© 2020 iamdavidprince.com | 利用規約 | 連絡先 |