レイテ 沖 海戦 ミッドウェー 海戦

公開日: 12.03.2020

艦首を切断されて航行不能となっていた朝雲は12ノットでの航行が可能となり南下撤退を開始 [] 。しかし5時20分頃よりアメリカ艦隊に捕捉され射撃を受け5発が命中火災発生、速度も9ノットまで低下する。火災は拡大の一方で艦長の 柴山一雄 中佐は総員退艦を指示、乗員は内火艇に移乗して脱出する。接近するアメリカ艦隊の集中砲撃で朝雲は撃沈され、内火艇も近接してきた2隻の駆逐艦に沈められ生存者は漂流、結局艦長以下約30名が付近の島に流れ着いて捕虜となり戦後生還した [] 。. マレー作戦 真珠湾攻撃 ( ニイハウ島事件 ) マレー沖海戦 タイ進駐 シンガポールの戦い フィリピンの戦い ( バターン死の行進 ) 香港の戦い グアムの戦い ウェーク島の戦い 蘭印作戦 ビルマの戦い セイロン沖海戦.

栗田艦隊が再反転しレイテ湾に向かった頃、停止する武蔵では乗員の必死の応急処置も空しく浸水を止めることができず、傾斜も徐々に増大していた。18時20分、栗田中将は損傷した駆逐艦浜風と武蔵を護衛する無傷の駆逐艦島風を交代する様に指示。この時点で島風には武蔵に乗艦していた摩耶の生存者を移乗させており、それらを乗せたまま島風は戦列に復帰する。それを見た重巡利根でも18時30分に上級司令部の第二部隊指揮官と第七戦隊司令宛に戦列復帰の懇請が届く。二者は特に返事をしなかったのだが、聞いていた栗田中将は許可するよう指示し第七戦隊へ利根の戦列復帰を命じる [] 。.

志摩 清英 中将. 小柳 第2艦隊参謀長 「この計画は、敵主力との撃滅を放棄して、敵輸送船団を作戦目標としているがこれは戦理の常道から外れた奇道である。我々は飽くまで敵主力撃滅をもって第1目標となすべきと考えているのだが。」 神 連合艦隊参謀 「敵主力の撃滅には、機動部隊の航空兵力が必要です。しかしサイパン攻防戦で大打撃を受けた機動部隊と航空隊の再建には、少なくとも半年の日時が必要です。いまは、その余裕が全くありません。同時に敵が次の目標としているのがフィリピンであることは明白です。そこでフィリピンの基地航空兵力と呼応して、第一遊撃部隊の全力をもって敵上陸船団を撃滅していただきたい。それがこの作戦の主眼なのです。」 小柳 「よろしい、敵の港湾に突入してまで輸送船団を撃滅しろというなら、それもやりましょう。一体、聯合艦隊司令部はこの突入作戦で水上部隊を潰してしまっても構わぬ決心なのですか?」 神 「フィリピンを取られたら本土は南方と遮断され、日本は干上がってしまいます。そうなってはどんな艦隊をもっていても宝の持ち腐れです。どうあってもフィリピンを手放すわけにはいきません。したがって、この一戦に聯合艦隊をすり潰しても、 フィリピンを確保できるのなら 、あえて悔いはありません。国破れてなんの艦隊やある。殴り込みあるのみです。これが長官のご決心です。」 小柳 「そうですか。連合艦隊長官がそれだけの決心をしておられるのなら、よくわかった。ただし突入作戦は簡単に出来るものではありません。敵艦隊はその全力を挙げてこれを阻止するでしょう。したがって、好むと好まざるとを問わず、敵主力との決戦なくして突入作戦を実現するなどということは不可能です。よって、栗田艦隊はご命令どおり輸送船団を目指して敵港湾に突進するが、万一、途中で敵主力部隊と対立し、二者いずれかを選ぶべきやという場合、輸送船団をすてて、敵主力の撃滅に専念します、差支えありませんか?

これら一連の 空 襲で フィリピン 方面の 日本 側の反撃が、 アメリカ の予想よりも脆弱である事を知った ハル ゼーは、 ニミッツ 長官にヤップ 島 及び パラオ の 攻略 作戦 を取りやめ、 日本 の戦 力 が回復しないうちに レイ テ 島 を 攻略 すべきだと進言する。これを受け ニミッツ は 9月12日 に ルー ズ メルト 大統領 、 キング 海 軍長官に ハル ゼーの意見を伝えた。14日には マッカーサー もミン ダナ オ 島 迂 回に依る 攻略 という修正案を提示したので、 9月15日 に統合参謀本部は計画を2か 月 繰り上げて 10月20日 に レイ テ 島 へ上陸を開始する事を決定する。.

K作戦 ミッドウェー海戦. 同じ頃アメリカ軍機は松田少将の第6群にも襲いかかっていた。17時22分、アメリカ軍機約10数機が日向と霜月を攻撃、日向は7発、霜月は10発の至近弾を受けるが直撃弾はなかった。これ以降アメリカ軍機の襲来はなく、第6群は18時44分、小沢中将の第5群に合同した [] 。. この作戦後、山本連合艦隊長官やその幕僚の責任は問われず、一航艦も長官南雲忠一、参謀長草鹿龍之介は一航艦の後継である 第三艦隊 の指揮をそのまま受け継いだ。しかし、それ以外の一航艦の幕僚は全て降ろされ、また士官も転出させられた(一航艦航空参謀 吉岡忠一 はミッドウェー海戦の資料作成のためしばらく残留した) [] 。.

9 2   16 16 27. 6 3 [83]. 22 [] [] [] [] VS-5 []. 167253 [] 22512121012223 []. AL .

後藤 中将 兼務. サ マール 島 沖 で 突然 第一遊撃部隊と遭遇した 米 護送 空母 部隊は直ちに ハル ゼーへ救援要請を送ったが、同隊は手負いで、 キン ケイドの艦隊が対応できると思い込んでいる ハル ゼーは、補給のために帰投中の 空母 群(マ ケイン 中将 指 揮の第1群)を取り敢えず向かわせただけで、自身は引き続き機動部隊本隊の追撃に猛進した。  こうした中の 10時 過ぎ、 ハル ゼー座乗の 戦艦 「 ニュー ジャージ ー」へ ハワイ の 太平洋 艦隊 司 令 長官 ニミッツ 大将 から送られてきたのが、有名な上記の 電報 である。侮辱を感じた ハル ゼーは 帽子 を床に 叩き つけて踏みにじり、怒り狂った。しかし命 令 は命 令 である。 11時 、 ハル ゼーは第38任務部隊の第2群と編成を終えた 高速戦艦 からなる第 34 任務部隊を率いて レイ テ方面へ引き返し、第3群と第4群・第 34 任務部隊の 巡洋艦 部隊(デュ ポーズ 少将 指 揮)の 指 揮をミッチャー 中将 に任せて、引き続き追撃を命じた。.

カテゴリ : 太平洋戦争の海戦 日本の海戦 年の戦闘 年のフィリピン 年10月. 詳細は「 三隈 重巡洋艦 」を参照. 機動部隊本隊 (第三艦隊基幹). 摩耶では被雷前に水測員が右舷後方に怪しい音源があるという報告を受け、右舷側に警戒の目がいっていた。ところが左舷側より接近する魚雷を発見。艦長の 大江賢治 大佐は面舵を指示するが航海長の独断で取舵一杯が行われる。しかし転舵の効果が出る前に魚雷が次々と命中した。艦はたちまち左舷に傾斜し副長が防水を下令したが手を尽くすまもなく被雷から8分後の7時5分に沈没した [] 沈没は7時8分ともいわれる [] 。艦長以下名が戦死。短時間での沈没であったが副長以下名もの乗員がかけつけた駆逐艦 秋霜 に救助されている。. マリアナ沖海戦 後に内地に帰還した際、 小柳 富次参謀長は 連合艦隊 に対し、旗艦を 重巡 の「 愛宕 」から、防御 力 と通信 力 に勝る 戦艦 「 武蔵 」(2代前の 連合艦隊 旗艦)へ変更したいと申し出ていたが、 巡洋艦 による高速・ 夜戦 と「 指揮官 陣 頭 主 義」の観念に固執する 連合艦隊 に却下され、仕方なく 戦艦 「 大和 」(第一 戦隊 旗艦)を万一の場合の予備旗艦に 指 定しておくにとどまっていた。.

30 [] [] 41544519 [] [] 540171516 [] 67307308720 [] [] []. 66430 65 [] 945 [] SBD164 [] [] 水着がえっちだぁ… っ. 26112834. 519 32K9 64 16 62 ! [] 5 [] [] 55 [] [] 5 [] .

ミッドウェー後を支え続けた「瑞鶴」と機動部隊最期の日

午前9時 、南雲司令部も長良の周囲に第三戦隊 戦艦榛名、霧島 、第八戦隊 利根、筑摩 、駆逐艦4隻を集め、速力30ノットで北東に向かった [] 。午前10時 、駆逐艦 嵐 は海面に漂うヨークタウン雷撃隊隊員ウェスレイ・フランク・オスマス Wesley Frank Osmus 海軍予備少尉を救助し、尋問を行った [] 。 有賀幸作 第四駆逐隊司令は尋問内容を受けて以下の内容を発信した [] [] 。この電文は攻略部隊・第二艦隊の重巡洋艦愛宕(旗艦)も受信している [] 。. 摩耶では被雷前に水測員が右舷後方に怪しい音源があるという報告を受け、右舷側に警戒の目がいっていた。ところが左舷側より接近する魚雷を発見。艦長の 大江賢治 大佐は面舵を指示するが航海長の独断で取舵一杯が行われる。しかし転舵の効果が出る前に魚雷が次々と命中した。艦はたちまち左舷に傾斜し副長が防水を下令したが手を尽くすまもなく被雷から8分後の7時5分に沈没した [] 沈没は7時8分ともいわれる [] 。艦長以下名が戦死。短時間での沈没であったが副長以下名もの乗員がかけつけた駆逐艦 秋霜 に救助されている。.

第14・15潜 水 隊.

7 63  3 6 30  3 B. GHQ. 3 4   4 30 4 49 2. 1,0. [] 10 20 [] .

こちらの機能は会員登録すると利用できます。

また、戦場であるフィリピンは戦前アメリカ本国の議会を通過した法案により年7月4日に独立を予定されていたが( フィリピン独立法 )、フィリピンを占領した日本軍はこの状況を汲み、年には形式上はフィリピンを独立させていた。日本はその後連合国への宣戦布告を迫ったが、国土が戦場となり、長年の宗主国アメリカとしこりを生みたくなかった大統領 ホセ・ラウレル はこれを引き伸ばすことに努め、年9月23日漸く 宣戦布告 をした。しかしこれも、戦争状態の存在を認める(existense of a state of war)であって正真正銘の宣戦(Declaration of War)ではなかった。日本軍はこの時期、親日を誓うフィリピン人による防衛組織ガナップ隊、11月10日には マカピリ 隊を編制し、後方での役務につけた [61] 。. 一方、 フランクリン・ルーズベルト 大統領はマッカーサー大将が共和党の大統領候補になることを警戒し、これまで余り手柄を立てさせないようにしてきた。しかし、マッカーサー大将は4月末に不出馬を宣言し、ルーズベルト大統領は7月初旬の民主党大会で自身が大統領候補に指名されることが確実となり、カリフォルニアに滞在中の20日に指名を受けた。その後ルーズベルトは 選挙 遊説を行い、その一環として重巡洋艦 ボルチモア で オアフ島 ホノルル に赴いた。これは選挙中に前線基地に赴くことで、自分を戦争指導者として国民にアピールする狙いがあった。7月26日に到着し、その日の夜に現地の資産家の所有する邸宅で軍関係者を招いての夕食会を開き、その後、陸海軍参謀長会議議長の ウィリアム・リーヒ 大将、マッカーサー大将、ニミッツ大将の4者で会談をおこなった。マッカーサー大将はミンダナオからレイテを経てルソンに至るコースを示して持論を述べ、アメリカの 植民地 であったフィリピンはゲリラ協力が期待できるが、台湾は半世紀も日本の統治下にありむしろ住民が日本側へ協力する、キリスト教徒が多くを占めるフィリピンの住民は年に裏切られたと思っているし、フィリピンを見捨てることはアメリカの名誉に大きな汚点となると述べて迫った。ニミッツ大将は台湾には固執していなかった。キング大将の提唱する台湾進攻には5〜10個の陸軍師団が必要と見られ、陸軍の協力が不可欠だったからである。マッカーサー大将はルーズベルトと会談後寝室に続く廊下で2人きりになった時、「国民の激しい怒りは、この秋の選挙時に閣下への反対票となって返ってくることになる」と脅した。これに対しルーズベルト大統領は「フィリピンを迂回しない」ことを認め、「これからキングとやり合わねばならない」と述べた。会談はその後も同艦が出港する29日まで続いた。作戦部長のキング大将、この時点で作戦中であった第5艦隊司令官の後任を予定していた ウィリアム・ハルゼー・ジュニア 大将もそうした中で討議の一部には参加あるいは意識していた [35] 。.

日本時間午前7時22分(現地時間)、マクスウェル・レスリー少佐率いるヨークタウン艦爆隊も戦場に到着する。こうして南雲機動部隊への空襲は、エンタープライズの艦爆隊とヨークタウンの艦爆隊の同時攻撃となった。日本側は先ほどのヨークタウン雷撃隊に対応して直掩 零戦 のほとんどが低空に降りており [] 、さらに見張り員も雷撃機の動向や発艦寸前の直掩機に気をとられていたため発見が遅れ [] 、「敵、急降下! 基地航空隊 の錬成と合わせて 空母 機動部隊の戦 力 回復も同時に実施された。残存する 空母 「 瑞鶴 」「 隼鷹 」「 瑞鳳 」「 龍鳳 」「 千歳 」「 千代田 」のほか、 航空戦艦 となった「 伊勢 」「 日向 」、 早 期に 竣 工が見込まれる「 雲龍 」「 天城 」「 信濃 」などを 早急 に戦 力 化するとともに、搭載する 航空 隊の錬成に励んだ。 空母 部隊の錬成終了は.

1018 19 ! [62] [63] ! 4 [] F4F [] 9 [] [] [] 55 []. Navy's Finest Hour, p. [] [] [] [] FS [] 67 [] [] .

「艦これ」から読み解くレイテ沖海戦

西野 繁 中佐. 表 話 編 歴 太平洋戦争 開戦前 ロンドン海軍軍縮会議 オレンジ計画 排日移民法 防共協定 日中戦争 日独伊三国同盟 日ソ中立条約 東亜新秩序 日米交渉 仏印進駐 関東軍特種演習 ABCD包囲網 帝国国策遂行要領 タイ・仏印戦争 ハル・ノート.

第一航空艦隊 (第一機動部隊)  司令長官: 南雲忠一 中将. 愛宕(摩耶)生存者の大部分は大和(武蔵)に収容されたが、愛宕水雷長は第七戦隊利根水雷長となり、25日のサマール沖海戦に参加することになる [] 。21時40分、高雄は応急修理の結果自力航行可能となり、駆逐艦朝霜・長波、救援要請を受けて駆けつけた南西方面艦隊所属の水雷艇鵯に護衛されてブルネイに向け避退を始めた。.

121938 1330 152385.

知っておきたい:

コメント

  1. 志摩 清英 中将.
  2. Taishiro
    C「昭和17年5月27日〜昭和17年6月9日 機動部隊 第1航空艦隊戦闘詳報 4 」 Ref. 日本はそれまでの勝利や誇大戦果を報じた珊瑚海海戦などで気が緩み、作戦の機密保持がずさんになっていた。取り締まる立場にある連合艦隊もその傾向が出ていた [] 。また、連合艦隊は敵情がひっ迫していることを知りながら前線部隊に知らせないことが何度もあった [] 。連合艦隊は、5月中旬から敵の通信が増加していることから何らかの動きがあると把握しつつも気にとめず、出撃から6月3日までに入手した情報から敵が日本の動静を偵知して活発に動いていると判断するも、警戒すべきではあるが、敵をおびき出せるものと受け止め好ましいことだと考えていた [] 。第二艦隊の 白石萬隆 参謀長は、連合艦隊は作戦がばれてでも米艦隊を呼び出そうとしていたと語っている [] 。6月4日頃、連合艦隊は大本営の知らせあるいは通信符号の傍受でミッドウェーに機動部隊がいる兆候をつかんでいたが、無線封止を理由に一航艦に知らせなかった [] 。.
  3. 午前8時15分()、ヨークタウンでは攻撃隊着艦作業がはじまったが、着艦事故が発生し甲板が損傷 [] 、、修理が終わり、SBD爆撃機10機に索敵任務が与えられた [] 。偵察隊発進後まもない午前9時()、レーダーが南西46浬に日本軍機を探知する [] 。ヨークタウンは重巡洋艦アストリア、ポートランド、駆逐艦ハムマン、アンダースン、ラッセル、モーリス、ヒューズに輪形陣を組むよう命じ、F4Fワイルドキャット12機を発進させた [] 。. ミッドウェー作戦 K作戦 ミッドウェー海戦.

コメントを追加

サイトに公開する前に、あなたのコメントがモデレートのために送信されます。

© 2020 iamdavidprince.com | 利用規約 | 連絡先 |